주요 기사 바로가기

米国務副長官「北朝鮮、数週・数カ月以内に難しい選択に直面」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.20 11:42
0
ブリンケン米国務副長官が19日、「我々が望むように(国連安全保障理事会の2270号)対北朝鮮制裁決議がきちんと遵守されて効果を出せば、北朝鮮は数週、数カ月以内に難しい選択に直面することになるだろう」と述べた。

ブリンケン副長官はこの日午後、ソウル都染洞(ドリョムドン)外交部庁舎で行われた韓日米外交次官級協議の後の共同記者会見で、「重要なのは最も強力な手段を持つ今の(2270号)制裁履行に集中することだ。これを通じて北朝鮮の選択肢を減らしていけば、北朝鮮が非核化に再び関心を見せる正しい選択ができると考える」と話した。

ブリンケン副長官は「3カ国の首脳が我々に指示したことは明確だ。3カ国協力の原則を現実的な措置で具体化する考えであり、今日はその部分について議論した」とし「今後、数週間にわたり作業する予定であり、広範囲で深い方策を見ることになるだろう」と述べた。中国との協力については「中国とは非核化という目標を共有している。今回の安保理決議案の用意に参加した指導者が望むのは中国がこれをきちんと履行することだ」と語った。また「制裁が効果を見せ始めた。完全に圧迫するまでは時間がもう少し必要だが、今後、数週、数カ月以内に(核兵器開発により)北朝鮮が負担する結果と費用はさらに拡大すると予想している」と述べた。

林聖男(イム・ソンナム)外交部第1次官は北朝鮮の5回目の核実験の動きに関し、「北が追加の核実験をしないのが最も望ましいということは、我々と中国を含め、すべての国際社会が考えること」とし「こうした次元で韓国と中国は緊密に疎通していて、今後も続くだろう」と述べた。林次官は「北の核・ミサイル問題が3カ国の最も至急かつ重要な問題という共通の認識を再確認し、最優先課題である北の非核化ために3カ国の協力をさらに強化することにした」と協議の内容を伝えた。続いて「国際社会の繰り返される厳重な警告にもかかわらず北がまた挑発を敢行すれば、国際社会のより強力な制裁と深い孤立に直面することになるだろう」と警告した。

斎木昭隆外務事務次官は「北朝鮮が追加の挑発をする場合、北朝鮮が痛みを感じる対応策を講じなければならない」とし「国連安保理の制裁だけでなく各国独自の措置の履行にも緊密な連携がなければいけない」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP