주요 기사 바로가기

熊本は直下型、上下に揺れ大きな被害…エクアドルは海溝型、太平洋プレートゆがんで津波も

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.18 14:30
0
日本の熊本県に続きエクアドルで強震が起き、環太平洋火山帯の地震活動が本格化したのではないかという指摘が出ている。ニュージーランド-東南アジア-日本-アメリカ大陸西部につながるこの火山帯は世界の地震の90%が起きて「火の輪」と呼ばれる。

14日に南太平洋のバヌアツ共和国でマグニチュード6.4、15日にフィリピンのミンダナオ島でマグニチュード5.9、17日にトンガでマグニチュード5.9など、この輪に位置した6カ所で地震が起きて超大型強震の前兆ではないのかと注目を集めている。2011年に日本の東北地方に壊滅的被害をもたらした東日本大震災はこの火山帯で起きた代表的地震だ。

ただ熊本地震とエクアドル地震の直接的な関連性は見つけにくい。エクアドル地震は太平洋プレートがゆがんで津波を伴った海溝型地震である可能性が大きい。これに対し熊本地震は内陸に分布した活断層がずれて起きる典型的な直下型地震と把握されている。震源が10キロメートルほどと浅く、震源付近が大きな被害を受けた。今回の地震による死亡者の大部分が1次地震が起きた益城町と2次地震が起きた南阿蘇村に集中した理由だ。直下型地震は上下に動く強く、ビルディング型の建物を押しつぶしたりもする。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP