주요 기사 바로가기

【写真】パンダ、4Dバーチャルリアリティー…若返った40歳のエバーランド=韓国・京畿道

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.15 13:32
0
サムスン物産リゾート部門が運営するエバーランドが今月17日に開場40周年を迎え、情報技術(IT)と文化が組み合わさった新概念テーマパークへの変身を宣言した。

14日のサムスン物産によるとエバーランドは1976年「龍仁(ヨンイン)自然農園」という名前でオープンし、韓国のテーマパークの歴史の1ページ目を開いた。サファリワールド(1976年)、バラ祭りと夜間開場(1985年)、雪ゾリ広場(1988年)、ウォーターパーク・カリビアンベイ(1996年)等、多様な施設を韓国に初めて導入した。

開場初年度は年間88万人だった入場者数は昨年には約880万人で10倍に増えた。今年4月現在の総累積入場者は2億2300万人で、国民1人当り開場以来平均4回以上来場したことになる。

エバーランドは開場40周年を記念して新しい体験空間を公開する予定だ。まず、先月中国から贈られた2頭のパンダが居る「パンダワールド」を21日に開場する。動物園の入口エリアの7000平方メートル(2100坪)の敷地に作ったパンダワールドは合計86台の先端IT機器を通じてパンダの特性・棲息地・エサなどの生態情報を簡単に理解できるように整えた。22日からはサムスン電子と協力して4次元バーチャルリアリティ(4D VR)体験館をオープンする。アトラクションに乗らなくてもVR機器を通じて「Tエクスプレス」等のアトラクションを間接体験することができる。

金鳳栄(キム・ボンヨン)サムスン物産社長は「動物・植物のような自然コンテンツとアトラクションが交わっている既存の強みに加え、先端IT技術と文化をつなげた差別化されたテーマパークにする」と話した。エバーランドは多様な記念イベントも準備している。今月17日朝には公演団、バンド、マスコットキャラクターなどが入場者を出迎えてセレモニーを行い、先着順で40周年記念バッジとエバーランドのマスコットであるレニ・ララのキャラクター風船などが贈られる。

バラ祭りが始まる来月5日からはマルチメディア花火ショー「パク・カリンのプレイ・ユア・メモリー」を新たに公開する。数千発の花火・映像・照明・音響などの特殊効果とともに過去40年間のエバーランドを見せる思い出の写真・映像を上映する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【写真】パンダ、4Dバーチャルリアリティー…若返った40歳のエバーランド=韓国・京畿道

    2016.04.15 13:32
    뉴스 메뉴 보기
    エバーランドが今月17日に開場40周年を迎える。エバーランドはパンダワールド、4次元バーチャルリアリティ体験館などをオープンして情報技術と文化を組み合わせた新概念テーマパークへの変身を試みている。40周年記念フォトゾーンで来場した子ども達がエバーランドのスタッフ、そしてエバーランド・マスコットとともに写真撮影をしている。(写真=エバーランド)
    TOP