주요 기사 바로가기

<脱北者集団亡命>北朝鮮幹部の金元弘保衛部長、私、震えている?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.12 16:09
0
中国浙江省寧波の北朝鮮飲食店「柳京食堂」で働いてた北朝鮮従業員の集団脱北を主導した人物が、従業員を管理する国家安全保衛部(韓国の国家情報院に相当)の要員であることが把握されたと、政府当局者が11日伝えた。この当局者は「海外に長期間滞在する北の住民は常に保衛部員の統制を受ける」とし「北の海外飲食店で保衛部員は通常、飲食店の支配人という職責を持つが、従業員の旅券(パスポート)を保管して従業員の一挙手一投足を監視する。その保衛部員が脱北を主導したというのは驚くことだ」と述べた。

別の対北朝鮮消息筋は「柳京食堂には責任者級と指揮を受ける保衛部員がいたはず。このうち下位級保衛部員が脱北を主導したと把握している」と述べた。これとともに「保衛部員は北の住民の中でも党性が最も強い人物」とし「特に海外に派遣する保衛部員は何度も検証をして脱北の心配がない人物が選抜される。周辺の幹部までが保証人になっているため、今回の脱北で保衛部内に波紋が広がるだろう」と話した。

特に今回の脱北で、金正恩時代に浮上した金元弘(キム・ウォンホン)国家安全保衛部長が責任を問われるという見方も出ている。延世大のキム・ヨンホ教授(政治外交学科)は「金正恩(キム・ジョンウン)は幹部を対象に物質的支援を通じて忠誠心を引き出す政策(co-optation)を展開している」とし「いくら忠誠心が強い保衛部員でも割り当てられた現金を上納できない場合、離脱が避けられないことを見せる事例」と分析した。

匿名を求めた脱北者は「集団脱北の事実が対外に知らされず、保衛部レベルで揉み消して金正恩に報告しなかったとすれば、静かに済む可能性もあった」とし「しかし韓国側メディアを徹底的にチェックして敏感に反応する金正恩は今回の脱北を当然知っているはずであり、金元弘にいかなる形であれ責任を問う可能性がある」と話した。2012年2月に保衛部長となった金元弘は北朝鮮で「飛ぶ鳥も落とす」という言葉が出るほど金正恩から信任を得ている人物だ。昨年末の金養建(キム・ヤンゴン)前統一戦線部長の交通事故の背後に金元弘がいたという噂が広まったほどだ。

これとともに金英哲(キム・ヨンチョル)統一戦線部長に対する問責があるという見方も出ている。年初に統一戦線部長に移った金英哲が対南工作を総括した人民軍偵察総局長だった昨年、大佐が脱北して韓国入りしたと、政府当局が明らかにしたからだ。国防部のムン・サンギュン報道官と統一部の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官はこの日、(偵察総局の大佐)脱北者の具体的な身元や脱北経緯などを明らかにすることはできないが、こういう事実があった」と確認した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <脱北者集団亡命>北朝鮮幹部の金元弘保衛部長、私、震えている?

    2016.04.12 16:09
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮偵察総局の大佐と中国の北朝鮮飲食店従業員の脱北で金元弘(キム・ウォンホン)国家安全保衛部長(前列右)の責任論が浮上している。黄炳瑞軍総政治局長、金正恩第1書記、朴映式人民武力部長、金元弘(前列左から)が昨年12月17日、金正日総書記4周忌を迎え、錦繍山太陽宮殿を参拝している。(写真=中央フォト)
    TOP