주요 기사 바로가기

【コラム】疾風怒涛の大韓民国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.12 13:50
0
地中海の小さな公国モナコは世界で最も老いた国だ。中位数年齢(median age)が51.1歳で世界で最も高い。全体の人口を年齢順に一列に並べると、ちょうど中間に該当する年齢が中位数年齢だ。モナコの人口の2人に1人は50歳以上ということだ。世界の富豪の引退者が定着しようと列をつくり、カジノと観光産業が主な収入源であるモナコとは関係のない話だが、多くの国で高い中位数年齢は深刻な問題だ。社会的な活力と経済的な躍動性が落ちるしかない。

中位数年齢が低ければよいというわけではない。中位数年齢が最も低い国はアフリカのウガンダであり、15.5歳にすぎない。平均寿命は52.2歳と低く、出生率が5.9と非常に高いため、そうなるしかない。戦争と内戦に苦しむアフリカとアジアの低開発国の中位数年齢は低い。紛争、干ばつ、飢饉、貧困で夢と希望を失った若者が一斉に欧州に出て行って生じた難民事態の背景には、人口社会学的な構造がある。政治を通じた社会変革に対する期待をあきらめた青年が、生活の基盤を変える方式として新しい機会を求めている。

人口問題を研究する学者は35歳を理想的な中位数年齢とみている。社会的な安定と経済的な躍動性が調和する最適な年齢ということだ。先進国の多くの中位数年齢が40-45歳であるのに対し、米国の中位数年齢は37.6歳と比較的低い。米国の未来を楽観する人たちが提示する根拠の一つだ。金融危機にもかかわらず、米国経済が速やかに活力を取り戻している背景でもある。

韓国は世界で高齢化が最も速いペースで進行している国だ。1950年に19歳だった中位数年齢が2000年初めに30代に入った。昨年は40.8歳まで高まり、世界で41番目に中位数年齢が高い国になった。少子高齢化の加速で2040年には現在のモナコより高い52.6歳になると予想されている。中央日報のコラムニストとしても活躍している高麗大のホ・テギュン教授(社会心理学)は今の韓国社会は「激しい思春期」を迎えていると診断する。良い遺伝子と恵まれた環境が重なってすくすくと育った優良児のように、超短期間に世界で類例がない社会経済的発展を成し遂げたが、やむを得ず思春期を迎えたということだ。過去に対する評価が激しく対立し、満たされない欲求に対する不満が膨らみ、未来に対する不安に抑えられている韓国社会の姿は、典型的な思春期の青少年の姿ということだ。中位数年齢ですでに不惑の年齢に入った韓国社会が思春期を迎えているというのはアイロニーだ。
【コラム】疾風怒涛の大韓民国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP