주요 기사 바로가기

<脱北者集団亡命>「柳京食堂の女性10余人、数日前から見えなかった」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.11 11:36
0
「みんな逃げました」。北朝鮮従業員13人が先週集団脱出した中国浙江省寧波の北朝鮮レストラン「柳京食堂」の周辺商人の話だ。10日、柳京食堂の周辺は静かだった。閉められた扉をいくらたたいても反応はなかった。宅配の運転手3、4人も引き返した。周囲の商人によると、7日に食堂の営業が中断したという。統一部が発表した一行の入国日が7日だ。柳京食堂は寧波市が昨年9月27日に造成した伝統商業地区「南塘老街」の真ん中にあった。

「朝鮮の舞踊を見ると楽しくなり、高麗の美しい料理を吟味すればあらゆる味が無窮」。正門の柱にこう書かれているが、訪ねてきた客は引き返すしかなかった。「寧波に北朝鮮レストランはここしかなく、せっかく来たのに…」。週末を迎えて150キロ離れた杭州から息子の夫婦と一緒に寧波旅行に来たという70代の陳さんは残念な表情を見せた。

柳京食堂の中には職員がいる気配があったが、反応はなかった。「会社経営陣が近く対策を出すはず」。ようやくつながあった電話で「何があったのか」と尋ねると、女性職員は即答を避けた。前日の予約は可能かと問い合わせすると、「いつ営業を再開するか分からない」と答えた。

柳京食堂とは違い付近の食堂は三々五々訪ねてきた家族客で混み合った。一方、この日正午から午後3時まで柳京食堂の扉を叩いた客は4チームにすぎなかった。以前から経営難だったことを示唆する。付近の中国人駐車管理員は「この食堂がニュースに出た食堂ということを昨日知った。若い女性たちが10人ほどいたが、数日前から見えなくなった」と話した。また「北朝鮮に捕まれば銃殺されるだろうから無事に保護してほしい」とも語った。

前日0時ごろ柳京食堂付近のジャズバーで会ったバーテンダーは「柳京食堂はこの通りで唯一韓国料理を味わうことができる食堂だったが、高い価格のために客が少なかった。その代わり公演は人気があり、うまくいくことを望んだが…」と話した。
<脱北者集団亡命>「柳京食堂の女性10余人、数日前から見えなかった」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP