주요 기사 바로가기

「歴史を消す」安倍首相のラブコール…オバマ大統領が広島訪問の可能性

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.11 07:50
0
オバマ米大統領が来月、第2次世界大戦当時に原子爆弾が投下された広島を訪問する可能性がある。ワシントンポスト(WP)は9日(現地時間)、米国の現大統領では初めてオバマ大統領が広島を訪問することをホワイトハウスが検討中だと、日本発で報じた。

ワシントンポストは任期初年度の2009年に核兵器なき世界を掲げたオバマ大統領が、任期最後の年を迎えて広島を訪問する象徴的な動きがあるべきだという雰囲気がホワイトハウスで形成されつつあるとし、このように伝えた。オバマ大統領は来月26、27日に三重県伊勢志摩で開催される主要7カ国(G7)首脳会議に出席する。広島訪問はこれに合わせて検討されている。

ワシントンポストは特に米政府要人の話を引用し、オバマ大統領が広島で演説をする可能性もあると伝えた。演説が行われる場合、先月ワシントンで開催された核安全保障サミット以上に国際的な関心を引く可能性があるという見方を示した。

これに関しワシントンポストは最終決定はまだ下されていないが、ホワイトハウス参謀陣はオバマ大統領が広島で数時間滞在することを検討していると伝えた。ルース前駐日米国大使は私見を前提に「オバマ大統領は広島訪問を望んでいるようだ」と明らかにした。

オバマ大統領の広島訪問が実現すれば、昨年4月に米国議会で上・下院合同演説をし、日本の普通の国化に対する米官民の支持を引き出した安倍晋三首相が、対米関係でまた外交的成果を出す。米大統領が広島を訪問すること自体が第2次世界大戦犯国である日本の過去を消す象徴的な措置となるからだ。

一部では、安倍政権の関係者が旧日本軍慰安婦被害者の強制動員を依然として否定する中、日本の極右勢力がオバマ大統領の広島訪問を韓日関係で歴史の免罪符として強調する可能性もあるという懸念が出ている。

ケリー国務長官は10日(日本時間)、G7外相会合に出席するため広島を訪問した。ケリー長官は2日間の会議期間中に原爆被害者を追悼する広島平和記念公園も訪問する予定だ。米国務長官がここを訪問するのは今回が初めてとなる。これに先立ち日本はG7外相の原爆資料館訪問を積極的に要請した。

ワシントンの外交関係者の間では、ケリー長官の訪問はオバマ大統領の広島訪問を確定する前に世論の反応を見る性格もあるという解釈が出ている。ワシントンポストによると、ホワイトハウスは米国内に批判的な世論が出てくる可能性を意識している。今年は大統領選挙が行われるだけに、オバマ大統領の対外政策を柔弱な外交と非難してきた共和党が問題視することが考えられるからだ。在郷軍人会を中心に反発の可能性も高い。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP