주요 기사 바로가기

ギャラクシーS7・半導体・為替の三拍子…サムスン電子、営業利益6兆6000億ウォン(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.08 11:11
0
サムスン電子が7日、今年1-3月期の実績を発表し、営業利益を6兆6000億ウォン(約6200億円)と明らかにした。当初の予想を大きく上回る「アーニングサプライズ」だ。ギャラクシーS7の早期発売による販売好調、プレミアム製品を中心にした半導体部門の善戦、そして為替差益という「三拍子」がそろったおかげだ。

今回のサムスン電子の営業利益は前年1-3月期(5兆9800億ウォン)はもちろん、電子業界の需要ピークである10-12月期(前期6兆1400億ウォン)よりも多い。電子・証券業界では当初、半導体価格の下落が続き、サムスン電子の実績にマイナスの影響を与えるという予想が多かった。証券情報会社エフエヌガイドが先月末に出した主要証券会社の1-3月期営業利益予測値平均は5兆ウォン台前半だった。一部では4兆5000億ウォン台という厳しいという見方もあった。

今回の実績に最も大きく貢献したのは先月初めに発売された「ギャラクシーS7」だ。業界は当初700万台水準と予想されていたギャラクシーS7の1-3月期の出荷量が1000万台を超えたと推定している。さらに中高価スマートフォンも新興国を中心に好成績を出し、スマートフォン部門(IM)の営業利益は予想より1兆ウォンほど多い3兆ウォン台後半と分析される。

韓国投資証券のユ・ジョンウ研究員は「ギャラクシーS7はハードウェアよりソフトウェアの変化に焦点を合わせ、製造コストが低下した」とし「1年後に新製品に変わる『ギャラクシークラブ』のようなマーケティングも効率的に執行されたとみられる」と説明した。

半導体部門(DS)は営業利益が3兆ウォン台に減少したが、当初の予想よりはるかに善戦したという評価だ。価格が落ちたDRAMの代わりに3次元NAND型フラッシュメモリー、10ナノ級DRAMなどプレミアム製品に注力したのが功を奏した。相対的に長期契約物量が多い点も実績に寄与した。

大信証券のキム・ギョンミン研究員は「1-3月期は出荷量増大より利益率の拡大を重視して工場を運用した」と説明した。

年初から続いたウォン安ドル高の影響もあった。昨年1-3月期に1ドル=1000ウォン台だった為替レートは今年2月に入って1ドル=1250ウォンに近づいている。同じ量を売っても手に残る韓国ウォンがそれだけ増えたのだ。

主要工場がある中国・ベトナムの通貨も同時に値下がりした。証券業界では100ウォンのウォン安ドル高でサムスン電子の四半期の営業利益は7000億-8000億ウォンほど増えると分析している。
ギャラクシーS7・半導体・為替の三拍子…サムスン電子、営業利益6兆6000億ウォン(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ギャラクシーS7・半導体・為替の三拍子…サムスン電子、営業利益6兆6000億ウォン(1)

    2016.04.08 11:11
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子が先月初めに発売したギャラクシーS7(上)とS7エッジ。(写真=サムスン電子)
    TOP