주요 기사 바로가기

「大統領も弾劾可能な韓国社会見て大きな衝撃」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.07 15:56
0
「脱北者出身第1号のロースクール生」であるイ・ソジンさん(30、仮名)は自らを「土の箸とスプーン(生まれながらに恵まれない環境にあること)の中の土の箸とスプーン」と話す。咸鏡北道会寧(ハムギョンブクド・フェリョン)出身のイさんは、北朝鮮の食糧難が深刻だった1999年に母親とともに豆満江(トゥマンガン)を渡った。当時14歳だった。彼は「会寧の家の外に出て行けば、飢え死にした人々の遺体が通りのあちこちに散在していた」と思い出す。

中国でかろうじて生活していたイさんは2003年10月、韓国に入ってきた。小中学校の課程を検定試験で終えた後、釜山(プサン)のあるオルタナティブ・スクールを経て高麗(コリョ)大学経済学科に進学した。その後2013年に脆弱階層特別選考でソウル大法学専門大学院(ロースクール)に進学し、初の脱北者出身のロースクール生となった。今年3年になったイさんは来年初めにある弁護士試験の準備をするため近頃は一日の睡眠を4時間にして勉強しているといった。

このような事情が知られながら最近、法務法人世宗(セジョン)が傘下の公益法人「分かち合いとつながり」を通じてイさんが弁護士試験を受けるまで登録料(授業料、1学期あたり667万ウォン)の半分を支援すると申し出た。1日、世宗の代表をつとめるキム・ヨンダム元最高裁判事(69)が直接学校を訪ねてイさんを励ました。イさんは「若い友人が韓国を『ヘル朝鮮』というが、私は半分だけ同意する」として「韓国はまだ努力で夢をかなえることができる国」と言った。

彼は脱北直後の2004年3月、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の弾劾に接して大きな衝撃を受けたといった。「北朝鮮で法は党の決定を補助する手段に過ぎないが、韓国では是非を離れて法的手続きで国家元首を弾劾できるということに非常に驚いた」。彼は昨年、憲法裁判所の姦通罪の違憲決定も印象深い事件として挙げた。

イさんは「ロースクールでは相対評価で点数を受けるので、幼少時から体系的に訓練された韓国の秀才たちと競争するのは容易ではない」と打ち明けた。実際に彼は1年の2学期に低い単位評点のために「学士警告」も受けた。イさんは「その後、昼食の時間も食事を抜いて勉強するのが習慣になった」として「成績が低ければすぐに奨学金が打ち切られるので、勉強を怠ることはできない」と話した。イさんは1学期あたりの登録料・寮家賃・生活費など1000万ウォンほどを学校内外から支援されている。

ロースクールが富裕層身分の世襲手段として作用しているという、いわゆる「金の箸とスプーン」議論についてイさんは「私のような者も通っている」として首を横に振った。彼は「司法試験制度の下では脱北者のような特殊階層が法曹人になる可能性はゼロ」といった。これまでの司法試験制度では準備生が生計を自ら解決しなければならないが、ロースクール制度の中では基礎的な生活費は支援される方法があるという意味からだ。イさんは「弁護士試験に通れば北朝鮮の住民の人権や統一関連の業務を遂行したい」と明らかにした。また「冗談のようだが、公安検事になりたいという考えもある」と言って笑った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「大統領も弾劾可能な韓国社会見て大きな衝撃」

    2016.04.07 15:56
    뉴스 메뉴 보기
    ソウル大学ロースクールにあるオブジェ「正義の鐘」の前に立つイ・ソジンさん。
    TOP