주요 기사 바로가기

韓国サラリーマン90.3%「仕事をする時の性格、本来の性格と違う」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.01 11:37
0
韓国サラリーマンの大部分が仕事をする時は本来の性格と違った態度や行動をしたことがあるという結果が出た。

韓国就職ポータルサイト「ジョブコリア」と出版社「INFLUENTIAL」が男女会社員679人を対象に「仕事をする時の性格変化」についての調査を実施した。まず、「仕事をする時、本来の性格とは違った態度や行動を取ったことがあるか」という質問に、10人中9人に達する90.3%が「ある」と回答した。「ない」と答えたのは9.7%で少数に過ぎなかった。このような回答は20代(94.1%)で顕著で、続いて30代(91.2%)、40代以上(82.6%)となった。

仕事をする時に本来の性格とは違った態度や行動を取る理由としては「職場の同僚と良好な関係を築くため」という回答が62.5%で半分以上を占めた。また、「仕事をもっと円滑に行うため」という回答も35.1%であることが分かった。

 
このように仕事をする時に本来の性格とは違った態度や行動を取ることは自らの意志に従ったものなのか、あるいは仕事をしているうちに自然に性格が変わってしまったのか背景を探るため、「仕事を円滑に行うために本人の性格を変えようと努力したことがあるか」と尋ねたところ、全体の77.3%が「性格を変えようと努力したことがある」と回答した。

「努力したことはない」という回答は22.7%で少なかった。しかし、「性格を変えようと努力したにもかかわらず変わらなかった」という回答が41.8%で最も多く、「性格が変わった」は35.5%、「性格を変えようと努力はしなかったものの仕事をしているうちに自然に変わった」が16.1%と調査された。

一方、仕事をする時と本来の性格とは違った態度や行動を取ることについて、回答者は「それもありうる」という認識が高く、76.6%で圧倒的に高かった。また「当然の行動」という回答も17.7%で相対的に高かった。半面、「良くない行動」(4.9%)「してはならない行動」(0.9%)と回答したのは相対的に少なかった。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP