주요 기사 바로가기

韓経:<南米市場、先行獲得に出る中国>中国、メルコスールとFTA推進…韓国また先手取られるか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.03.29 11:36
0
中国が南米最大の共通市場であるメルコスール(Mercosur)と自由貿易協定(FTA)を締結する案を推進している。韓国政府がFTAを締結するため2007年に共同研究まで終えたが、いまだ成果を出せていない地域だ。メルコスールはブラジル・アルゼンチン・ウルグアイ・パラグアイ・ベネズエラなど南米5カ国が正加盟国として加入した経済同盟体で、2014年基準で国内総生産(GDP)が3兆ドルに達する市場だ。南米全体国家のGDPの52%だ。

◆メルコスール「中国とFTA推進」

27日(現地時間)、ウルグアイのメディアなどによればメルコスール臨時議長国であるウルグアイのロドルフォ・ニン・ノボア外相は前日、ウルグアイ上院国際交流委員会に出席した席で中国とのFTA締結を積極的に模索していると確認した。

ノボア外相はこの日上院で「中国はすべてのメルコスール加盟国の主要な事業パートナーなので、私たちは中国ともっと近づくことを望んでいる」と話した。

中国は2012年に温家宝首相がアルゼンチンを訪問した際「メルコスールとFTA締結の意向がある」と明らかにした後、この地域で着実に力を注いできた。2014年7月に習近平国家主席は南米訪問の途中で当時「債務不履行(デフォルト)」の危機に直面していたアルゼンチンに75億ドル、ベネズエラには40億ドルの借款を提供することを約束した。またベネズエラから原油の輸入を増やして、ブラジルなどに社会間接資本(SOC)の建設を支援することにした。今回のFTA締結の推進はこれに対する結果だという評価だ。

◆中国南米市場の先行獲得憂慮

韓国はメルコスールとFTAを締結できなかった。FTAが発効中の南米の国はチリ(2004年)とペルー(2011年)だけだ。メルコスールとは、韓国政府が先に関心を見せて2007年10月にFTA交渉に入る前の措置である共同研究を終えて2009年7月に「貿易投資増進のための共同協議体」を構成した。だが特別な進展がなかったところへ昨年、朴槿恵(パク・クネ)大統領の現地訪問を機に協議体を再び稼動することで合意した後6年ぶりに会議を2回開いただけだった。
韓経:<南米市場、先行獲得に出る中国蒁中国、メルコスールとFTA推進…韓国また先手取られるか(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP