주요 기사 바로가기

GE、ロンドン親環境五輪のノウハウを平昌に伝授

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2016.03.28 11:03
0
1/2
GEがグローバルスポンサーとして参加した2010年カナダ・バンクーバー冬季五輪。
ゼネラルエレクトリック(GE)が2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪を控え25日に江原道(カンウォンド)平昌のアルペンシアコンベンションセンターに「GE平昌五輪協力センター」を開設した。GEは2005年から五輪スポンサーとして活動している。GEオリンピックマーケティングディレクターのクリス・キャッツレリス氏は、「GEは10年間にさまざまな五輪が成功裏に運営されるよう技術を支援した。今回の協力センターはこれまでの経験を共有し平昌の主要関係者たちと協力できる拠点になるだろう」と話した。

GEは平昌冬季五輪にエネルギー、照明、ヘルスケアなど多様な分野の技術を支援する予定だ。まず平昌アルペンシアスライディングセンターと旌善(チョンソン)アルペンスキー競技場に無停電電源装置(UPS)と低電圧スイッチギア(SWGR)を供給する。電力供給状態をリアルタイムでモニタリングし停電など非常状況に対処する装置だ。スライディングセンターと江陵(カンルン)関東(クァンドン)ホッケーセンターには先端照明も設置する計画だ。

このようにGEは五輪の隠れた助力者だ。その中でも親環境五輪として賛辞を受けた2012年ロンドン夏季五輪での活躍が大きかった。GEは廃棄物を燃料に使用できるGEイエンバッハエンジンを主要電力供給施設に設置し、電気自動車充電施設のGEデュラステイション120台をロンドン全域に設置した。この施設は現在までロンドンの温室効果ガス排出を減らすのに一助となっている。またロンドンのシンボルであるタワーブリッジの照明を発光ダイオード(LED)に変えたのもGEだ。タワーブリッジの外観を改善すると同時に電力使用量を以前より40%近く減らした。

GEは競技が終わってからも地域社会の持続可能な成長をサポートする。ロンドン五輪後には英国で乳児死亡率が最も高いハクニー地域にあるホマートン大学病院に480万ポンド相当の医療装備を支援した。2014年のロシアのソチ冬季五輪の際には移動式乳がん検診センターのGEマンモバンを運営した。乳がん検診の恩恵を受けにくいロシア郊外周辺地域を訪ね歩き検診した。五輪後にはGEマンモバンをソチに寄贈した。

GEは1892年に米国で設立された世界で最も歴史が長い電子機器メーカーだ。発明王エジソンが設立したエジソンゼネラルエレクトリックがGEの前身だ。GEは最近事業を再編している。昨年資産価値基準320億ドル規模のGEキャピタルなど金融部門を米ウェルズ・ファーゴに売却し、家電事業部は54億ドルで中国ハイアールに売却した。GEは航空機エンジン、ヘルスケア、エネルギーなど核心事業にアフターサービスを結合した「デジタル産業企業」へと変身している。例えば飛行機エンジンだけ売るのではなく、ここにセンサーを付けて30年間管理するサービスまで結合して販売する方式だ。(中央SUNDAY第472号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP