주요 기사 바로가기

韓経:韓国製造業の生産性が日本追い越した?…「円安に伴う錯覚効果」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.03.25 10:50
0
韓国製造業の労働生産性が初めて日本を上回ったことが調査された。だが、円安に伴う効果だという分析だ。

産業研究院のカン・ドゥヨン先任研究委員は24日、「対日キャッチアップ以降の韓国製造業」という報告書を通じて2014年の日本の製造業就業者あたりの生産性を100とした場合、同年の韓国の製造業就業者あたりの生産性は103という結果が出て日本を追い越したと明らかにした。

韓国製造業の生産性が日本を抜いたことが明らかになったのは初めてで、1990年代中盤の時点でも日本の34%水準にすぎなかった。

だが、このほとんどは円安に起因したものと分析される。カン氏は「韓国の時間あたりの生産性は2005年時点で日本の53%にすぎなかったが、2014年には84%まで高まるなど大きく改善された」としつつも「生産性は為替レートを基準としているのでアベノミクス以降続いた円安の影響を受けて逆転した結果」と説明した。

カン氏は「昨年も韓国の労働生産性が日本を抜いたと推定されるが、最近は円高に転じたうえ国内製造業の生産性上昇率が振るわず、ことしは再逆転される可能性もある」と付け加えた。報告書は韓国製造業はこれまで日本に比べてはるかに高い生産性上昇傾向を示してきたが、このような推移が持続するかは両国の技術発展の速度と為替レートの状況などによると強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP