주요 기사 바로가기

韓経:韓国の標準特許、世界5位に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.03.24 11:16
0
韓国企業と研究所が世界3大標準化機構に申告した標準特許が、世界で5番目に多いことが分かった。標準特許というのは該当技術を利用しなければ関連製品を生産しにくい核心特許だ。

特許庁と韓国知識財産戦略院は、昨年の国際標準化機構(ISO)と国際電気標準会議(IEC)、国際電気通信連合(ITU)に申告された韓国標準特許が782件だと23日発表した。

ISOとIEC、ITUに申告された標準特許は昨年1万2099件で前年(1万1107件)よりも8.9%増えた。韓国は米国(3101件)、フィンランド(2539件)、日本(2146件)、フランス(1265件)に続き5位に上がった。昨年5位を占めたドイツは554件にとどまり6位に下がった。

韓国は2009年にはドイツの半分にも及ばない185件の標準特許を保有した。2009年から2015年までの6年間で4.2倍近く増えて格差を狭めた。2014年482件だった標準特許は1年間で62%増加した。

企業・研究所の中で最も多い標準特許を保有しているのはノキア(2466件)と分かった。サムスン電子は360件を保有して世界3位だった。韓国電子通信研究所(ETRI)は208件を保有し、研究機関としては唯一世界10位に上がった。韓国は超伝導体の接合や走査型プローブ顕微鏡、通信セキュリティー分野で世界1位を占めた。韓国はこれよりも権威が低い欧州電気通信標準化機構(ETSI)と米国電気電子学会(IEEE)に申告した標準特許まで合算すれば9706件を保有し、米国(2万1804件)に続き世界2位だ。

標準特許が不足すれば特許権・商標権などの輸出入にともなう技術貿易収支の赤字規模が拡大する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP