주요 기사 바로가기

【取材日記】不当な診療費が続けば「医療韓流」は滅びる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.03.14 14:44
0
韓国国内の病院を利用した外国人患者は2009年以降100万人にのぼる。この人たちが支払った診療費は3兆ウォン(約2880億円)を超えるという。政府が「メディカルコリア」を前に出しながら2009年から外国人患者誘致事業を展開してきた結果だ。創造経済の核心モデルとして広報活動も積極的にしてきた。医療観光で韓国に来た外国人の病院満足度は非常に高い。実際、韓国保健産業振興院が国内の病院を利用したことがある中国・ベトナム・アラブ首長国連邦(UAE)などの外国人患者1214人を対象にオンラインアンケート調査を実施した結果でもこうした評価が出てきた。特に中国人患者は5点満点で4.3点と最も高い点数を与え、ベトナムは3.96点、UAEは3.82点を付けた。患者の反応を見ると「専門的だ」「医療レベルが高い」「治療が優れている」という好評も明確にある。

では、外国人患者本人や患者の家族はまた韓国を訪問するだろうか。残念ながらそうではないようだ。「また韓国の病院に行く考えはあるか」という質問に5人に1人が首を横に振ったという。中国の患者の15.3%、ベトナムは16.4%、UAEは34.9%が「韓国の病院を再び利用する考えはない」と答えた。3カ国の患者が共通に選んだ障害は高い診療費だった。

ソウル江南(カンナム)のある病院の関係者は高い診療費の実態について「同じ手術でも外国人患者の診療費は千差万別」とし「ほとんどがぼったくりと見るべき」と話した。また「患者を斡旋するブローカーに診療費の相当額を手数料として支払うため、どうしようもない」と説明した。病院が高い手数料を支払いながらもブローカーに頼るのは、ブローカーなしには外国人患者誘致自体が難しいからだという。実際、手術費の最高90%を手数料を受けたブローカーが摘発されたりもした。このブローカーを通じて中国人女性は一般の27倍以上の2億ウォンを支払って豊胸手術を受けた。不当な診療費が外国人の再訪問を阻んでいるのだ。

保健福祉部は1月、「今年は外国人患者を40万人誘致し、2020年には100万人まで増やす」という計画を発表した。6月には外国人患者誘致支援法が施行される。外国人整形患者に一時的に付加価値税を払い戻し、4カ国語で診療科目別に標準診療費を案内するウェブサイトもオープンした。しかし不法ブローカーが活動し、病院が外国人を相手に不当な診療費を請求する問題が根本的に解消されなければ、「医療韓流」は数年以内に終わるかもしれない。今はもう何人が韓国を訪問したかという量的な実績に満足するより、混濁している市場の秩序から正すべき時だ。

イ・エスダー社会部門記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【取材日記】不当な診療費が続けば「医療韓流」は滅びる

    2016.03.14 14:44
    뉴스 메뉴 보기
    イラスト=パク・ヨンソク
    TOP