주요 기사 바로가기

韓国銀行「国内の景気回復の勢いが弱まっている…輸出不振が影響」

ⓒ 中央日報日本語版2016.03.10 15:34
0
韓国銀行が国内における景気回復の勢いが弱まっているとの評価を出した。

韓国銀行は10日、金融通貨委員会が3月の政策金利を1.50%に凍結し、発表した「最近の経済動向」の中で韓国経済について「輸出不振の持続などの影響で改善の流れが弱まっている」と明らかにした。

引き続き、韓国銀行は「1月の消費と設備投資は個別消費税の引き下げ終了などで減少し、2月の輸出は中国や資源輸出国など新興国向けの輸出の大幅減が続いたことを受けて不振を持続した」と消費と輸出に対する懸念を示した。

韓国銀行は「今後、国内景気は内需を中心に回復を継続する展望や今後の成長経路上に相当な不確実性が存在する」と付け加えた。

今後の通貨政策の方向性については、世界経済・金融状況の変動性が大きい以上は「金融安定」に主眼を置き、主要国の通貨政策の方向などを見極めて対応していくことにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP