주요 기사 바로가기

強力な2国間制裁で抜け穴埋める…対話局面に備えたロードマップも必要=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.03.02 10:41
0
国連安全保障理事会が現地時間2日に採択する対北朝鮮制裁決議案に対し複数の韓国政府当局者は「軍事的措置を除くとこれまでの国連制裁の中で最も強力だ」と評価した。だが制裁の実質的履行と北朝鮮の非核化という最終目標達成のためにはまだ進む道は遠いというのが専門家らの意見だ。

まず制裁の抜け穴を埋める対策が必要だ。最初に鉱物資源分野全体に禁輸措置を取ったが「民生目的」の輸出は除外された。核とミサイル計画など違法行為と関連した機関や労働党関連団体の資産を凍結するようにしたことに対しても北朝鮮は回避する手段がある。

外交消息筋は「今後北朝鮮がすべての鉱物輸出入を住民の生計目的と偽装し、何段階を経て結局は大量破壊兵器(WMD)開発に転用される素地が大きい。海外口座と資産凍結のような場合もすでに朝鮮族などを利用して借名口座を確保しておいたので抜け穴はあると聞いた」と話した。

また「原油でなく航空燃料だけ供給を中断したが、航空燃料は全油類輸入の10%程度しかないため北朝鮮が打撃は受けても持ち堪えられる水準」と分析した。

したがって専門家らは2国間制裁などを通じ安保理制裁の隙を補完しなければなければならないと指摘した。今回高強度の制裁導出に積極協力した中国の“心変わり”を防ぐのもカギだ。

国立外交院のキム・ハングォン教授は「イラン制裁が受け入れられたのも米国などの強力な2国間制裁があったためだ。米国、オーストラリア、欧州連合(EU)などと協調して独自制裁を強化して、韓国・ASEANなど小多国間制裁案も講じなければならない」と話した。

また「米国が北朝鮮と取り引きする第三国の企業と団体などを制裁するセカンダリーボイコットを強く進めてこそ中国の対北朝鮮制裁を堅固に維持させられるだろう」と話した。

今回の安保理決議では最初に北朝鮮人権が言及されたりもした。北朝鮮の船舶だけでなく北朝鮮を経由してくる第三国の船舶まで検索する補完策も提示されている。また当面は制裁局面が続くだろうが、北朝鮮が突然対話モードに局面転換を試みる時に備えた戦略を用意しなければならない。

峨山(アサン)政策研究院のチェ・ガン副院長は「金正恩(キム・ジョンウン)が5月の党大会の時に核凍結や査察受け入れなど重大宣言をする可能性もある。米中がこれに対し呼応して出れば韓国の立場だけ苦しくなりかねない。事前に米中と協議を通じ北朝鮮が少なくともこうした条件を満たせば対話は可能だという点を明確にしなければならない。『核だけでなく韓国に大きな威嚇となる中短距離ミサイル発射や在来式挑発に対しても北朝鮮がこの程度はしなければならない』という形で韓国の条件を作っておくことで主導権は奪われなくなるだろう」と助言した。

高麗(コリョ)大国際大学院キム・ソンハン教授は「無条件制裁が手段であり政策という姿勢で臨めば底の抜けた甕に水を注ぐようなもの。『北朝鮮が戻ることはできない完全な核凍結をすれば6カ国協議を再開し平和協定交渉を並行する』という形で具体的なロードマップを立て、これを周辺国とともに政策化しなければならない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP