주요 기사 바로가기

現代自動車副会長「想像できない未来自動車を開発」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.03.02 09:02
0
現代(ヒョンデ)自動車が既存の自動車概念を跳び越える未来モビリティー(移動手段)研究に本格的に飛び込む。現代自動車はこれに「プロジェクト・アイオニック(IONIQ)」と名前を付けた。

現代自動車の鄭義宣(チョン・ウィソン)副会長(46)は1日にスイスで開かれた「2016ジュネーブ国際モーターショー」のメディア公開行事で、映像を通じ「われわれは未来生活を変化させるモビリティー革新研究を始める。自動車の役割と領域をこれまで想像できなかった新しい方向に拡張する」と明らかにした。

自動運転車である米グーグルカー、親環境電気自動車のテスラ「モデル」などを超えた未来輸送手段の時代を開くという宣言だ。

現代自動車はプロジェクト・アイオニックの最終目標を「自由な移動生活」と規定した。自宅・オフィス・車の境界をなくすという戦略だ。このための研究には自動運転技術、1~2人乗り親環境移動手段、モノのインターネット(IoT)を基盤とするコネクテッドカー(自動車と情報技術の連結)のような分野を網羅する。

現代自動車は未来輸送手段の変化像を正確に予測し、多様な代案を提示するために「集団知性」を活用する計画だ。外部専門家で構成した諮問団を運営し、産学協力も拡大する。

また、現代自動車はこの日モーターショーで韓国車で初のエコカー専用モデルとなる「アイオニック」の電気自動車モデル、プラグインハイブリッドカーモデルなどを初めて公開した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP