주요 기사 바로가기

<囲碁>人間vs人工知能…韓国プロ棋士が見るアルファ碁の棋力(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.02.24 16:48
0
「人工知能のレベルがプロ棋士と対局するほど発展したというのは本当に驚く」(李昌鎬九段)。

その間、囲碁でコンピューターは人間のライバルではなかった。昨年のミリンバレー杯世界コンピュータ囲碁トーナメントで優勝した韓国の人工知能囲碁プログラム「トルバラム」もプロ棋士と4点ほどの棋力の差があった。4点は大きな差であり、これを克服するのは遠い未来のことと考えられてきた。しかしグーグル・ディープマインドの人工知能「アルファ碁(Alpha Go)」が昨年10月、欧州囲碁チャンピオンの樊麾(Fan Hui)二段に勝ったことが公開され、状況は大きく変わった。

朴正祥(パク・ジョンサン)九段は「アルファ碁が予想以上に人間のような碁を打つのを見て驚いた」と話した。劉昌赫(ユ・チャンヒョク)九段も「人工知能が人間の実力に近づくにはもっと時間がかかると思っていた」と衝撃を隠せなかった。

当時のアルファ碁の棋譜を分析したプロ棋士は「アルファ碁の棋風は冷静でバランスがよい」と評価した。宋泰坤(ソン・テゴン)九段は「下級者は碁盤の一方で戦闘になれば別のところに注意が向かないケースが多いが、アルファ碁は全般を考慮して手を読む」と話した。李賢旭(イ・ヒョンウク)八段は「アルファ碁は『コンピューター』らしく絶対に無理をせず手堅くするスタイル」と評価した。

棋力は李世ドル(イ・セドル)九段と「先」程度の実力差がある診断した。すなわち1点ほどの棋力の差だ。崔哲瀚(チェ・チョルハン)九段は「ほとんどのプロ棋士がアルファ碁が2点置けば李世ドル九段が負けると予想している」とし「人工知能のレベルがプロ棋士に『先』まで近づいたと見なければいけない」と述べた。

もちろん絶えずアップデートされるという点を考慮すれば、アルファ碁の棋力がさらに向上した可能性も排除できない。プロ棋士はアルファ碁の最も大きな長所に読みと計算能力を挙げた。特に中盤と後半戦が強いとみている。優れた計算能力を基礎に有利な囲碁では絶対に無理せずに最後まで勝勢を維持するということだ。
<囲碁>人間vs人工知能…韓国プロ棋士が見るアルファ碁の棋力(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP