주요 기사 바로가기

金正日の誕生日、錦繻山参拝名簿に金正恩の名前なく気がかり増幅

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.02.17 09:33
0
北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記(2011年11月死亡)の74回目の誕生日である16日、平壌(ピョンヤン)の錦繻山(クムスサン)の太陽宮殿の参拝式出席リストに金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の名前がなく、政府当局が背景を調べている。北朝鮮において金正日総書記の誕生日は光明星節と呼ばれる最大名節であり、7日に発射した長距離ロケット(ミサイル)の名称も「光明星」だった。

金正恩が金日成(キム・イルソン)・金正日父子の遺体が安置された錦繻山の太陽宮殿参拝に参加しなかったとすれば極めて異例なことだ。金正恩は執権初年度である2012年から昨年まで毎年2月16日午前0時に高位幹部らと錦繻山の太陽宮殿を参拝した。

朝鮮中央通信はこの日「金正日同志の誕生日を迎えて党と国家、軍隊の責任者たちが錦繻山の太陽宮殿を訪れて敬意を表わした」として金正恩の名前をはずしたまま金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)人民軍総政治局長、朴奉珠(パク・ボンジュ)首相らが参加したと伝えた。

金正恩が別途に1人で参拝したのかなど正確な内幕は確認されていない。統一部当局者は「金正恩が参拝になぜ参加しなかったのかは明らかでない」として「内幕を調べているところ」と話した。

金正恩は新年初日である1月1日午前0時にも錦繻山の太陽宮殿を訪れたことがある。東国(トングク)大学のキム・ヨンヒョン教授(北朝鮮学科)は「身辺上の理由でなければ5月に第7次党大会を控えて名実共に『金正恩時代』を宣言するためのジェスチャーである可能性がある」と分析した。

峨山(アサン)政策研究院のコ・ミョンヒョン研究委員も「正確な事情はもう少し今後を見るべきだが、父親の金正日の後光から抜け出そうとする意志を表わしたことかもしれない」と話した。

北朝鮮はこの日、金正日の偶像化に出ると同時に金正恩に向けた代々の忠誠を促した。平壌放送は「全ての同胞は父母将軍様(金正日)を民族の太陽として永遠に仕え、金正恩元帥様の領導に従うという意志を一層堅く大切に保管する」と報道した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP