주요 기사 바로가기

部品無償交換しながらも非難される現代車

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.02.16 14:07
0
2006年6月-2010年8月産のアバンテHD、2009年9月-2014年1月産のYFソナタ、2010年12月-2014年1月産のグレンジャー、2012年4月-2014年1月産のサンタフェ(その他にもアバンテMD・i30・i40・ベロスター・マックスクルーズなど)….

これらの車を運転中にハンドルから激しい騒音が出れば「電動式パワーステアリング(Motor Driven Power Steering=MDPS)」の問題ではないか疑ってみる必要がある。ハンドルが重くなったり車が傾く現象を経験した人も同じだ。MDPSとは、ハンドルの動きを感知したセンサーが車内の小型コンピューターに信号を送り、車輪の方向を動かす操向装置だ。現代車は3日、自社のブログを通じてMDPS部品を無償交換すると発表した。

内容を見てみた。「一部の車種で操向装置の内部部品摩耗による騒音が発生し、顧客の皆様にご迷惑をおかけしました。整備店で点検した後(部品を)無償交換します。走行中にハンドルが重くなったり車が傾く現象は路面状態など複合的要因により発生する可能性があります。点検後に性能改善が必要だと判断される場合、最善の措置を取ります」。

ところがおかしい。親切に自発的に無償交換を公示したが、掲示文には「無償交換しても非難される」という数十件のコメントが書き込まれていた。現代車が問題を認めながらも「騒音」という条件を付けたからだ。消費者の不満の声が大きいのは、騒音より走行中にハンドルが突然回らなくなる現象だ。安全と直結する問題であるため被害者のブラックボックス動画が急速に広がり、ソーシャルネットワークサービス(SNS)で話題になった。これをメディアが報道し、国土交通部がMDPS欠陥検証に着手すると、無償交換に踏み切ったが、この問題を騒音に限定した。

現代車の関係者は「MDPSの特性上、特定の状況でハンドルがやや重くなるのは正常だ。操向問題はすべてMDPSために発生するのではない。問題の車は調べる」と述べた。

正式リコール(欠陥補償)でないという理由で既に修理を受けた消費者に補償しない点も問題に挙げられる。無償交換するまで、現代車は問題を訴える消費者に対し、主にMDPS全体を交換する方式で修理してきた。保証期間が過ぎた車は修理費80万-100万ウォン(約8万-10万円)を負担しなければならなかった。

同じMDPS部品を適用した起亜車の顧客に対する無償交換措置に関する言及も抜けた。公式ホームページやメディアを通じて積極的に知らせず、自社のブログに公示するなど消極的な対処も指摘されている。キム・ピルス大林大教授(自動車学科)は「最近、現代車に対して特に消費者が敏感な反応を見せているのは事実」とし「現代車は『誤解』として済ませるのではなく、操向問題について正確なデータを基盤とした分析を通じて消費者を最後まで納得させる必要がある」と述べた。また「問題を確認しただけに、無償交換の代わりに自発的リコールをするのも消費者の信頼を得る方法」と話した。

現代車は最近、輸出・内需用ソナタの正面衝突実験、「アンチ」消費者と役員懇談会などの行事を通じて顧客との疎通を増やしてきた。疎通強化の動きは見せかけだったという指摘を避けるには、MDPSのように安全に直結する「本当」の問題から疎通を通じて正面突破しなければいけない。会社が必要な時だけにする疎通は疎通でない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    部品無償交換しながらも非難される現代車

    2016.02.16 14:07
    뉴스 메뉴 보기
    MDPSを適用したYFソナタのハンドル
    TOP