주요 기사 바로가기

【コラム】大統領の怒り=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.02.16 11:23
0
怒り心頭に発した状態でむやみに突き上げて不覚を取った経験は、誰にでも1回ぐらいはあるだろう。妻につい怒りの言葉を吐き出して後から何倍もの仕返しをされたり、不当な指示をした上司に反抗して重ねがさね後悔したりもする。それが人だ。怒りはできるだけ自制するのが良いとしても、それはどれほど容易だろうか。不正に怒ったり、失望感と裏切りに怒ったりもする。

朴槿恵(パク・クネ)大統領が強く立腹した。韓国・北朝鮮をつなぐ最後のつながりの輪である開城(ケソン)工業団地まで閉ざしたのだ。朝鮮日報13日付の報道で朴大統領の怒り具合を察することができる。記事によれば洪容杓(ホン・ヨンピョ)統一部長官が10日に発表した「開城工業団地稼働全面中断声明」で、統一部が上げた原案の跡はほとんど残っていなかったという。朴大統領が直接、真っ赤な線をさっさと引きながら新しく手直して書いたということだ。青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は「声明の相当部分は、大統領の肉声と変わらない」として「信頼を破った相手に対する怒りが込められた」と話したという。

中国の強力な反対を押し切って高高度ミサイル防衛(THAAD)体系の韓国配備の交渉開始の決断を出したことを見れば、中国に対しても非常に腹を立てたのは間違いない。唯一、北朝鮮を扱うことができるテコを持つ中国が「最後の対北朝鮮制裁」にブレーキをかけているために腹を立てたのではないか。これまで朴大統領が中国に投げた球を考えれば、失望をこえて裏切りを感じるに値する。

北朝鮮は新年初めに水素爆弾の実験をすると言って核地震波を作り出すと、1カ月後には人工衛星の発射を口実に長距離ロケット実験まで行った。国連決議を完全に踏みにじって国際社会に正面から挑戦する無鉄砲な行動だ。世の中が恐ろしいとは知らずに暴れてあちこち騒がせている北朝鮮の「悪童ぶり」に怒らない人はほとんどいないだろう。

だが張三李四(平凡な人)の怒りと国家指導者の怒りは違う。普通の人は舌打ちをして悪口を一度言えばそれだけだが、大統領の怒りは国家政策に反映されうるからだ。怒りに包まれて前後を見ずに出した即興的な判断が露骨に政策につながると仮定してみてほしい。万が一その判断が誤って国家の安全リスクと国民の安全に致命的リスクを招くならば、これはどれほどぞっとすることか。いくら腹が立っても大統領は怒りをしずめて平正心を取り戻した状態で判断し、決定を下さなければならない理由だ。怒りで盲目になれば判断が薄れ、その時に出した決定は、ややもすると元に戻せない後悔を呼び起こす恐れがある。
【コラム】大統領の怒り=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP