주요 기사 바로가기

不安な韓国の20代…強迫障害患者が世代別で最多

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.02.09 15:38
0
未来に対する不安などで強迫障害をもつ患者の大部分は20代に集中していることが分かった。

韓国国民健康保険公団(以下、健保公団)は、最近、強迫障害の患者が2010年2万490人から2014年2万3174人に13%ほど増加したと9日、明らかにした。年間平均3.1%ずつ増えていることになる。同じ期間、診療費は110億ウォン(約10億4500万円)から131億ウォンと毎年平均4.6%ずつ増加した。強迫障害は不安障害の一つで、患者自身が度を超えて不合理であることを知りながらも強迫的な思考や行動をやめることができず日常生活や職業、社会活動で制限を受ける症状だ。

2014年基準で、男性患者が1万3395人で全体の半数以上(57.8%)を占めた。特に、強迫障害は20代で最も多く発生している。人口10万人あたりの患者数は20代が86.3人で他の年齢帯に比べて多かった。性別で見ると男性は20代(106.2人)、30代(69.9人)、10代(61.2人)の順だった。女性は20代(64.1人)、30代(53.3人)、40代(41.1人)となっている。国民健康保険の一山(イルサン)病院精神健康医学科のイ・ソング教授は「強迫障害は典型的に10代~20代で多く発病する。未来に対する不安感、職場生活および家庭生活での困難などがストレスとして作用するのも影響として考えられる」と説明した。

強迫障害は、望まない考えが繰り返し出てくる強迫的思考とこれによる不安感を調整するための強迫的行動の2種類に分かれる。健保公団は「強迫的思考は自身が望まない事柄から不安を感じ、この不安を調整しようと自分なりの対策として強迫行動に出ることがある。強迫的行動には、確認をする、数字を数える、手洗いをする、対称的に合わせるなどがあるが、このような行動は一時的な安らぎを得られるものの結果的に不安を大きくさせる」と説明した。

強迫障害の効果的な治療には薬物治療と認知の行動治療などがある。薬物治療は一般的に4~6週で効果が現れて最大8~16週かかる。さまざまな薬物が存在しているので個人により薬物反応および副作用には差があるので我慢強く薬物治療に臨むことが重要だ。健保公団は「強迫障害の患者には強圧的な雰囲気よりはゆったりと和合する雰囲気で過ごすことが大切。成果よりは過程を重視し、指摘するよりは自ら改善できるよう指導していくことが必要」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP