주요 기사 바로가기

韓国20・30代が選ぶ「韓服グローバル化」モデル1位は?

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2016.02.08 15:12
0
20・30世代は大韓民国を代表する韓服モデルとして女優のイ・ヨンエを挙げた。

韓国広報専門家の徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信(ソンシン)女子大教授チームが旧正月(ソル)を迎えて実施した韓服に関するアンケート調査で、20・30代の約85%は名節〔旧正月や秋夕(チュソク、中秋)〕の時に韓服を着ないことが明らかになった。最近、ソウル・京畿(キョンギ)地域に居住する20・30代の男女300人を対象に実施た調査の結果、「最近、名節に韓服を着たことがありますか」という質問に「ある」と答えたのは15.3%しかいなかった。「ない」と回答した人は84.7%に上った。

また、「韓服を着ない最も大きな理由は何ですか」という質問には「不便だから」(35.3%)という回答が最も多く、次いで「値段が高いから」(33%)、「管理が大変だから」(22%)、「流行遅れだから」(6%)の順だった。

韓服の大衆化のために名節の時だけでも韓服を着る文化をつくるとした場合、改善されるべき事項については「現代的なデザインへの改善」(36%)という回答が最も多く、「活動に問題のないフュージョンスタイルの開発」(23.3%)、「韓服レンタルサービスの拡大」(14.7%)などが後に続いた。

韓服のグローバル化に向けた大韓民国を代表する韓服モデルとしては女優イ・ヨンエ(34%)が1位を占め、フィギュアスターのキム・ヨナ(18.7%)、グループMissAのスジ(12.3%)、AOAソリョン(2.3%)等が続いた。

徐教授は「中国といえば旗袍(チーパオ)、日本といえば着物のように、その国を代表する伝統衣装は国家イメージに大きな影響を及ぼす」とし「今回の旧正月からSNS上に名節の時だけでも韓服を着ようとの趣旨を込めた『楽しもう!韓服を!』キャンペーンをスタートする」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国20・30代が選ぶ「韓服グローバル化」モデル1位は?

    2016.02.08 15:12
    뉴스 메뉴 보기
    韓国広報専門家の徐敬徳教授が実施した韓服アンケートの結果の一部
    TOP