주요 기사 바로가기

<北ミサイル発射>韓国国防部「韓米、在韓米軍THAAD配備交渉すでに開始」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.02.08 09:47
0
--北朝鮮ミサイルの弾頭が不規則に動いて迎撃が難しいというが。

「高い高度ではタンブリング、低い高度は螺旋形に落下するという主張がある。アメリカ国内の一部の学者が91年に25年前の第1次湾岸戦争当時の陳述を土台にしたものだ。北朝鮮ミサイルの中でスカッド-ERだけが燃焼停止した後、推進体から弾頭が分離すれば弾頭がバックタンブリングすると分析された。したがってスカッドB、C、ノドンなどは該当しない。螺旋形は大気圏に再突入時に弾頭の非正常的な摩耗などから発生する非正常的な状況だ。パトリオット-2をパトリオット-3に改良するのに克服できるよう設計製作された。パトリオットは03年イラク戦で立証された。2003年パトリオットは9発の弾道弾すべてを迎撃し、このうち8発は弾頭を正確に迎撃したと確認した」

--THAAD配備は米MD体系への参加ではないのか。

「THAAD配備の可能性を模索するための協議をするということなのだが。MD体系への参加とTHAADは関係がない。韓国軍は米MDと独立的にキルチェーンKAMDを構築する。米関係者がインタビューで、強力な対北朝鮮抑制力の発揮のために両国MDが同盟をベースに運営されてこそ効果的だと述べた」

--軍事的な効用性は?

「在韓米軍のTHAADは北朝鮮の核ミサイル威嚇に対してはるかに広い地域のエリアディフェンスだ。パトリオットはポイントディフェンスだがTHAADははるかに広い地域弾道ミサイル防衛が可能だ。韓国地域2分の1、3分の1カバレッジを提供することと評価している。THAADがパトリオットを8砲台ずつ運営中であることと共にM-SAM、L-SAMと多層防衛体系を構築するならば迎撃成功率を向上させて効果的な防衛ができるものと予想している」

--北朝鮮が米国に向けて弾道ミサイル発射時に在韓米軍THAADで迎撃可能なのか。

「THAAD体系では韓半島(朝鮮半島)に配備されれば、これで大陸間弾道ミサイルを迎撃することは今まで検証されなかった。準中距離弾道ミサイル以下の3000キロメートル以下であるMRBMだ。SRBMは1000キロ以下だ。米国防総省の試験評価局長はTHAAD体系は厳格な試験評価基準を通過して問題がないという判断によって戦力化したものだという。15年3月25日にTHAAD短距離および準中距離標的に対する効果を立証したと証言した」

--韓国全体の防衛に砲台1つあれば充分なのか?

「韓国地域の2分の1から3分の1の防衛が可能になると判断している」

--何のために中国や北朝鮮を刺激しながらも配備しようとするのか。

「在韓米軍のTHAAD配備問題は増大する北朝鮮の核ミサイルが深刻な水準に達したという判断に従ったものだ。多層ミサイル防衛に寄与して現存の韓米ミサイル防衛能力を向上させるものと期待している」

--THAADは縦深が短い韓半島の作戦環境には不適切なのではないか。

「そうではない。スカッド、ノドン、ムスダンミサイルまで迎撃できる」

--北朝鮮がSLBMを開発して実践配置すれば、THAADを配備しても防衛できないのではないか。

「在韓米軍にTHAADが配備されるならば地上基盤の北朝鮮ミサイル威嚇はもちろんSLBMが東海の北部で運用される場合には探知・迎撃が可能だろう。THAAD体系は方位角120度範囲内で運営される。偏角120度の範囲だ。探知ができて迎撃できるということだ。これと併行して北朝鮮のSLBM搭載潜水艦だ。今は1隻持っていると分析されているが、韓国海軍の潜水艦や海上哨戒機、イージス艦などで対潜水作戦に対応する」
<北ミサイル発射>韓国国防部「韓米、在韓米軍THAAD配備交渉すでに開始」(3)

<北ミサイル発射>韓国国防部「韓米、在韓米軍THAAD配備交渉すでに開始」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP