주요 기사 바로가기

<北ミサイル発射>韓国政府「ミサイル発射は極端な挑発」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.02.07 12:58
0
韓国政府は7日、北朝鮮の長距離ミサイル発射挑発と関連、「北朝鮮住民の生活は度外視したままひたすら北朝鮮体制を維持するために再び犯した極端な挑発行為だ」と批判した。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)の趙太庸(チョ・テヨン)国家安保室第1次長兼国家安全保障会議(NSC)事務局長はこの日青瓦台春秋館で発表した政府声明で「韓国政府は北朝鮮が長距離ミサイルを発射したことに対し強力に糾弾する」としてこのように明らかにした。趙次長は「いまや北朝鮮の核開発を放棄させられる唯一の道は国際社会と緊密に協力し国連安保理決議を含む実効的で強力な制裁を導出して北朝鮮が自ら核を放棄させるようにすること。韓国政府は今後国連安保理で強力な制裁が導出されるようあらゆる努力を尽くすだけでなく、北朝鮮が変化せざるをえなくなるよう必要な圧迫を継続していくだろう」と話した。

趙次長は続けて「北朝鮮の長距離ミサイル発射は国連安保理決議の明白な違反だけでなく、核実験に対する安保理制裁決議が議論されている状況で国際社会が切実に望む平和を無視したもの。これまで韓国政府と国際社会は北朝鮮を対話の場に出てこられるよう6カ国協議などさまざまな提案をしてきたが北朝鮮はこれに対し全く応じなかった。これはこの間に北朝鮮に核高度化のための時間を与える結果になった」と指摘した。趙次長はまた「韓国政府は韓国軍が北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対処するための万全の態勢を備えていき韓国の安保能力を強化させるため韓米同盟レベルの実質的な措置を推進していくだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP