주요 기사 바로가기

韓国政府「北朝鮮ミサイル発射強行時、過酷な代価を払わせる」

ⓒ 中央日報日本語版2016.02.03 10:43
0
韓国政府は北朝鮮が国際海事機関(IMO)に衛星と主張する長距離ミサイルの発射計画を通告したことについて、国連安保理決議の明白な違反であることを認識し、発射計画を直ちに撤回するよう求めた。

趙太庸(チョ・テヨン)国家安保室第1次長兼国家安全保障会議(NSC)事務局長は3日、緊急ブリーフィングを通じて「北朝鮮の4次核実験による国連安全保障理事会の制裁決議が議論される中、長距離ミサイル発射計画を通告したのは、国際社会に真っ向から挑戦するもの」とし「万が一、北朝鮮が長距離ミサイル発射を強行する場合、これは韓半島(朝鮮半島)はもちろん、地域と世界平和と安保に対する重大な脅威とし、国際社会から過酷な代価を払わせることになることを厳重に警告する」と強調した。

続けて「韓国政府は北朝鮮の長距離ミサイル発射を含め、国民の命と大韓民国の安保を脅かす北朝鮮のいかなる挑発にも確固たる準備態勢を維持していく」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP