주요 기사 바로가기

<U-23サッカー>韓国、14分間に3失点…中心守る先輩が必要

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2016.02.01 09:38
0
痛恨の逆転負けだ。2-0とリードした後、わずか14分間に次々と3失点して沈んだ。相手が「永遠のライバル」日本であるだけに骨身にこたえた。

オリンピック(五輪)サッカー韓国代表は31日、カタール・ドーハで行われた2016アジアサッカー連盟(AFC)U-23(23歳以下)アジア選手権の決勝で日本に2-3で敗れた。前半20分に権昶勲(クォン・チャンフン、22、水原)、後半2分に陳成ウク(チン・ソンウク、23、仁川)がゴールを決めてリードした韓国は、後半22分、23分、36分に連続で失点した。

権昶勲は「このような試合は初めて。1分間に2失点とは信じられない」と言ってうな垂れた。サッカーファンのユ・チャンヨン(33)は「トイレに行って戻ってきたら2-0が2-2になっていて、結局、勝負がひっくり返った。くやしくて眠れなかった」と語った。日本のスポーツ報知は「日本、後半3連発!宿敵・韓国倒し5年ぶりアジア頂点」と特筆大書した。

リオデジャネイロ五輪を6カ月後に控え、冷静な診断と処方が必要だ。韓国サッカーは後半20分まで2点差でリードしていたが、守備を強化しなかった。むしろ日本が後半終盤に闘志あふれるサッカーを見せた。

韓国野球代表は昨年11月19日、日本との「プレミア12」準決勝で、「怪物投手」大谷翔平(22、日本ハム)に7回まで完全に封じられた。しかし最後まであきらめず、9回に李大浩(イ・デホ、34)が2打点タイムリーを放ち、4-3で大逆転勝ちした。これに対し、韓国五輪サッカーはほぼ手にした勝利を逃した。申台龍(シン・テヨン)監督(46)は試合後、「わずか1%も油断してはいけないことを学んだ」と述べた。

韓国サッカーの慢性的な問題の守備不安定は相変わらずだった。韓国A代表のシュティーリケ監督(63)は「攻撃が強いチームは試合に勝つが、守備が強いチームは優勝する」と語った。中央DF延済民(ヨン・ジェミン、23、水原)と宋株薫(ソン・ジュフン、22、水戸ホーリーホック)は6試合で6失点したが、すべて後半15分以降の失点だった。韓国DFはリオ五輪でネイマール(24、ブラジル)など世界的なFW選手を相手にしなければいけない。

申監督は「守備陣をリードできる選手が必要だ」と話した。五輪本大会はエントリー18人のうちオーバーエイジ(23歳超過選手)3人を使用できる。A代表チームの中央DF洪正好(ホン・ジョンホ、27、アウクスブルク)は2012年、十字靭帯破裂で兵役免除を受けた。五輪はワールドカップ(W杯)と違い招集に応じる義務規定がないため、所属チームは拒否できる。申監督がKリーグの城南監督時代に指導した中央DFのユン・ヨソン(28、城南)とイム・ジョンウン(26、全北)も候補に挙がる。

五輪代表のU-23選手は危機を迎えると慌てた。かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーした朴智星(パク・チソン、35)がそうだったように、トッテナムのFW孫興民(ソン・フンミン、24)に五輪代表チームのリーダーの役割を任せる選択肢もある。五輪の銅メダルを獲得すれば兵役免除を受けるだけに、トッテナムも孫興民(ソン・フンミン)を出すはずだ。

今回の五輪代表チームは奇誠庸(キ・ソンヨン、27、スウォンジーシティ)など2012年五輪黄金世代とイ・スンウ(18、バルセロナ)など2020年五輪黄金世代の間に挟まれた「谷間の世代」と呼ばれた。歴代最弱という酷評の中でも中東で開催されたトーナメントで3位以内に入り、五輪本大会出場権を獲得したのは評価できる。

安貞桓(アン・ジョンファン)MBC(文化放送)解説委員は「ドーハで流した涙が薬になる可能性がある。谷間の世代が残りの期間を徹底的に準備し、リオ五輪でハッピーエンドのドラマを描けばよい」と語った。

31日に帰国した申監督は「もう一度信じてもらえれば日本にかっこよくリベンジする」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <U-23サッカー>韓国、14分間に3失点…中心守る先輩が必要

    2016.02.01 09:38
    뉴스 메뉴 보기
    日本戦で逆転負けを喫した後、MFパク・ヨンウを慰める申台龍監督(左)。(写真=大韓サッカー協会)
    TOP