주요 기사 바로가기

<囲碁>李世ドル9段、人工知能「AlphaGo」と対決…「100万ドル対戦」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.01.29 15:59
0
コンピューターと囲碁棋士が対決したらどちらが勝つだろうか。この興味深い対決が3月中旬に行われる予定だ。李世ドル(イ・セドル)9段と人工知能(AI)コンピュータープログラム「AlphaGo」が賞金100万ドルをかけて正面対決する。

「AlphaGo」を開発したグーグル子会社のグーグルディープマインド側は「AlphaGoが囲碁を学んだ時間は人間の時間にすれば約1000年分に該当する」と明らかにした。李世ドル9段との決戦をめぐってグーグル側が予想した勝率は50対50だ。

AlphaGoがこれまでの囲碁プログラムとは違う点は、学習能力を備えたことだ。従来のプログラムとは違い「深層神経網」「強化学習」などを経て自ら新しい戦略を発見することができる。AlphaGoはすでに昨年10月に開かれた中国のプロ囲碁棋士である樊麾(Fan Hui)2段との対局で勝利した。樊麾2段は欧州大会の囲碁チャンピオンだ。

李世ドル9段はネイチャー誌を通じて「人間のプロ棋士に挑戦するコンピューターと対局することになり光栄だ。結果に関係なく囲碁の歴史にとって意味ある行事になるだろう。グーグルディープマインドの人工知能が驚くほど強く、ますます強くなっていると聞いたが、私は少なくとも今回の対局では勝つ自信がある」と明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP