주요 기사 바로가기

日本、初の国産ステルス戦闘機「X-2」公開

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.01.29 14:18
0
日本防衛装備庁が28日、敵のレーダーに探知されにくい初の国産ステルス戦闘機「X-2」を公開した。2028年ごろに退役する航空自衛隊F2戦闘機の後続機の開発を目標に、2009年から394億円を投じてつくられた「先進技術実証機」だ。

同日、愛知県豊山町にある三菱重工業工場でメディアに公開されたX-2は全長14.2メートル、全幅9.1メートル、全高4.5メートル。敵機のレーダーを吸収して反射を減らす電波吸収材料を使ってステルス性能を高めた。

炭素繊維によって機体を軽量化している。部品も熱に強く軽い性質の特殊セラミックや合金など最新複合材料を活用して製作されている。エンジンの噴射角度を自由自在に調整して機体の運動性能も大きく高めた。IHIがエンジンを開発し、川崎重工業など220社が製作に参加した。

防衛装備庁がステルス能力と飛行性能、操縦系統などのデータを取得して技術を検証するためにつくった先進技術実証機「X-2」は、来月15日あるいは22日ごろに愛知県名古屋空港から崎阜県航空自衛隊岐阜基地までの初の試験飛行を行う。設計・メーカーである三菱重工業は約200時間の試験飛行を繰り返した後、3月末にX-2を防衛装備庁に引き渡す計画だ。

同庁の吉田孝弘事業管理官は同日の記者会見で「(米ステルス機)F35はそれほど機動性は高くないが、ステルスでありながら機動性が高いのがX-2」と説明した。

防衛装備庁はX-2のデータを分析してF2戦闘機の後続機を日本国内で独自開発するか、あるいは他国と共同開発するかどうかを2018年までに決める予定だ。吉田管理官は共同開発になった場合の相手国に対しては明言は避けたが「情報収集や意見交換をしている」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP