주요 기사 바로가기

【取材日記】乱発する「コリアセール」不信ばかり育て

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.01.29 11:59
0
韓国文化体育観光部が2月の1カ月間「コリア・グランドセール」をするという。春節(旧正月)の連休をむかえた中国人観光客の誘致に取り組むという。19日に開かれた閣僚会議では「旧正月コリア・グランドセール」(1月25日~2月7日)の計画が発表された。このセールは内需用だ。

わずか1カ月余り前の12月には「Kセール」、10月には「コリア・グランドセール」と「コリア・ブラックフライデー」が同時に進行された。全て政府が主導した。消費者の立場ではセールが多いのは悪いことでない。問題はこのセールの特徴が何であり、誰を対象に、なぜ開かれるのかアイデンティティが曖昧だということだ。政府はセールごとに数千社の業者が参加したと自賛する。ところで質はどうなのか。

流通業社は各々その年のセール日程が決まっている。デパートの場合、1年に定期セールと主な行事だけで100日以上ある。ここに突然、政府発のセールまで準備すれば過度な負荷がかかり、内容が不十分にならざるをえない。Aデパートの関係者は「10月に政府にブラックフライデーに協力しろと言われて海外直接購入より安くTVも仕入れて無理をしたが、2カ月後に再びKセールを準備しろと言われて本当に大変だった」と吐露した。

デパートの垂れ幕には秋の定期セール、コリア・グランドセール、コリア・ブラックフライデーのロゴが同時についた。

販売価格に対する不信も増す。セールが頻繁になればデパートやショッピングモールは納品企業に「もう少し価額を下げて」と要求する。中小納品企業は「新商品まで価額を下げなければならないからセールをすればするほど赤字」と言って嘆く。それで割引幅と参加ブランドを減らせば「セール=中身のない菓子」という認識ばかり増える。

韓国はショッピング・インフラが世界最高水準だ。韓国でのショッピングが「楽しみ」をあたえるブランドに位置しようとするなら各種セール名称から統一して「コリア○○○セール」と言えば思い浮ぶ代表コンテンツを戦略的に企画しなければならない。1年に1度政府と企業が精魂を込めて準備して舞台に上げるセール・シーズンには自然に内国人と外国人が集まるだろう。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP