주요 기사 바로가기

SMエンタ代表「男性アイドル『NCT』で韓流現地化成し遂げる」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.01.28 16:34
0
今春、SMエンターテインメントが世界各都市をベースに活動する男性アイドルグループ「NCT(Neo Culture Technology)」を世に送り出す。

1つのグループから韓国や中国など国別にチームを設けたEXO(エクソ)の活動事例と似ている。「NCT」はソウル・東京・中国・東南アジア・ラテンアメリカなどをベースにチームを分けて活動し、次第に地域を広げる予定だ。

SMエンターテインメントのイ・スマン代表プロデューサー(64)は27日、ソウル三成洞(サムソンドン)SMタウンで開かれた「SM TOWN:New Culture Technology 2016」でこのような計画を明らかにした。

イ氏は「メンバーの加入を自由にして数を制限しない予定」としながら「今春、最初のユニットをデビューさせ、上半期内にソウル・日本を中心に活動するチーム、下半期内には中国を中心に活動するいくつかのチームなどを公開する予定」と付け加えた。

NCTは一つの曲を各国の言語で同時発表し、ローカライズされたコンテンツを発表していく予定だ。

イ氏は「私もその終わりがどこか分からない多様なチームが、NCTというブランドとして誕生することになるだろう」としながら「本当の意味での韓流現地化を成し遂げる」と抱負を明らかにした。

イ氏はこの日の行事で、SMエンターテインメントが向こう20年間で推進する予定の5つの新規プロジェクトも発表した。プロジェクトの核心キーワードは「デジタル音源」「エレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)」「双方向モバイルプラットホーム」にあった。

まず、デジタル音源公開チャネル「ステーション」をスタートさせた。ここで毎週特定曜日にSMの音源を公開する予定だ。また、EDMレーベル「ScreaM Records」を開始し、EDMフェスティバルも開催する。

グローバルファンのデジタルプレイゾーンとなるモバイルアプリケーションサービスや新人アーティストのプロデューシングに参加できるアプリ、SM所属アーティストが直接参加するコンテンツおよびプラットホーム事業なども紹介した。

イ氏は「25日にサービスを開始した新人アーティストプロデューシングアプリ『ルーキーズエンターテインメント(Rookies Entertainment)』の場合、新人デビューまで最も大きな影響を与えた参加者をSMインターンとして採用する予定」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    SMエンタ代表「男性アイドル『NCT』で韓流現地化成し遂げる」

    2016.01.28 16:34
    뉴스 메뉴 보기
    SMエンターテインメントのイ・スマン代表プロデューサー
    TOP