주요 기사 바로가기

米軍、戦時に「グレイ・イーグル」を韓半島投入

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.01.28 08:01
0
在韓米軍が戦時に無人偵察および攻撃機「グレイ・イーグル」(MQ-1C)を韓半島(朝鮮半島)に投入する計画だと、韓米連合司令部の関係者が27日に述べた。

この関係者は「現在、在韓米軍は小型無人機のレイヴン(RQ-11B、大隊級)とシャドー(RQ-7B、旅団級)無人機を運用中」とし「戦争が発生すれば最新無人攻撃機のグレイ・イーグルを投入する」と伝えた。

米軍はすでに昨年下半期、グレイ・イーグルを群山(クンサン)基地に導入し、アパッチ攻撃ヘリコプター(AH-64E)と合同で訓練を実施したことがある。

製作会社ゼネラルアトミックスは昨年11月、合同訓練を終えた後、報道資料を通じて「高解像度の映像収集装置を通じて集めた映像をアパッチと地上管制所に伝送し、これに基づいて作戦を展開した。韓半島の気象条件でも作戦を遂行できることを立証した」と説明した。

国防部の周辺では、米国が細かく構築された北朝鮮の防空網を考慮し、グレイ・イーグルを常時配備する可能性もあるという見方も出ている。しかし連合司令部の関係者は「米国もグレイ・イーグル訓練場を1月初めに完工するなど、まだ普遍化していない」とし「韓国に常時配備するまでには時間がかかるだろう」と述べた。

長さ8メートル、翼の幅17メートルのグレイ・イーグルは最長30時間飛行でき、監視偵察やミサイルなどを利用して目標物を攻撃できる。8キロほど離れた敵の戦車を攻撃できるヘルファイア対戦車ミサイル4発と最新型小型精密誘導爆弾GBU-44/B「バイパーストライク」4発を搭載できる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米軍、戦時に「グレイ・イーグル」を韓半島投入

    2016.01.28 08:01
    뉴스 메뉴 보기
    「グレイ・イーグル」(MQ-1C)
    TOP