주요 기사 바로가기

【コラム】外交なき北核外交=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.01.26 14:14
0
米国中央情報局(CIA)の予測どおりならば、北朝鮮の金氏の王朝政権はすでに滅びているはずだった。15年前の2000年、CIAは当代の最高専門家たちと15カ月にわたる討議の末に「グローバルトレンド2015」という未来予測報告書を出した。この報告書でCIAは「2015年には統一された韓国・北朝鮮がアジア地域で相当な軍事力を誇示することになるだろう」と見通した。統一過程で韓国が相当なエネルギーと資源を消費することになるという展望も出した。CIAは完全に無駄足を踏んだ。「予測」というより「期待」に近かった。

世界最高の情報力を誇るというCIAも、世界最高の「閉鎖国家」北朝鮮の前では対応できない。CIA韓国支部長をつとめたこともあるドナルド・グレッグ元駐韓米大使は記者とのインタビューで「北朝鮮は米国の史上最悪の情報失敗事例」と告白した。彼は昨年出版した回顧録『歴史のかけら(Pot Shards)』において情報不在が米国の対北朝鮮政策に及ぼす弊害と副作用を辛らつに批判した。彼は「米国はよく知らないとか嫌いな外国の指導者や団体を『悪魔化(demonization)』する傾向があり、そのたびに米国は問題に直面した」として「相手に対する無知の隙間を偏見で埋めることになれば扇動が紛争を触発し、その結果は皆にとって損害」と強調した。

韓米の対北朝鮮の情報力は、今月初めに実施された北朝鮮の4次核実験で再び完全に虚を突かれた。米国は諜報衛星で北朝鮮の動きをリアルタイム監視しているにもかかわらず、咸鏡北道吉州郡豊渓里(ハムギョンブクド・キルジュグン・プンゲリ)発の人工地震波が地震計にとらえられるまで全く知らずにいた。米国はあらかじめ知っており備えていたという報道があったが、それは事実と違うと朴槿恵(パク・クネ)大統領は新年の記者会見で公開的に一線を引いた。北朝鮮の実情と動向に関する「盲目」の境遇は昔も今も同じだ。

北朝鮮核という悪性腫瘍を早期に発見しても末期がん状態に進行するのを防ぐことができないのは北朝鮮についての情報不在が一役買った。韓米両国は確実な根拠もなく「北朝鮮崩壊論」という「希望的思考(wishful thinking)」に固執した。1994年、核を凍結する代わりに北朝鮮に軽水炉2基を建設してあげることにした「米朝ジュネーブ基本合意」当時の米交渉チームが「10年以内の北朝鮮崩壊論」に心酔していたことは良く知られた事実だ。李明博(イ・ミョンバク)政権時期、国家情報院には「2015年北朝鮮急変事態論」が定説のように広まっていた。3代世襲にともなう体制の不安定性のために金正恩(キム・ジョンウン)政権が数年も持ちこたえられないだろうという「自己満足的予言」だった。


【コラム】外交なき北核外交=韓国(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP