주요 기사 바로가기

<カーリング>韓国男子…欧州ツアー初出場で銀メダル

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.01.26 10:46
0
韓国男子カーリングが初めて出場した欧州ツアーで銀メダルを獲得した。

韓国男子カーリング代表チーム(江原道庁)は24日、独ハンブルクで行われたカーリングチャンピオンツアー(CCT)ドイツマスターズの決勝でスコットランドに4-5で惜敗した。CCTは欧州中心のクラブ対抗戦であり、上位クラスツアー大会。韓国カーリングはカーリング宗主国であり2014年ソチオリンピック(五輪)準優勝チームのスコットランドを相手に最後まで対等な競技をした。

1990年代まで韓国はカーリングの不毛地だった。1962年に大韓ニュースは外国選手のカーリング競技の場面を報道し、「熱心に掃き掃除をする人たち、この人たちは家庭でもこのようにきれいに掃除をするだろうか」と紹介した。

1994年に大韓カーリング連盟が創設された。韓国カーリング選手は外国選手が使って捨てたブラシパッドを拾ってリサイクルした。ブルーム(ブラシ)を持っていると、ガラス窓清掃員に間違えられたりもした。

世界予選で脱落してソチ五輪に出場できなかった韓国男子カーリング(世界17位)はその間、氷上で技術を磨いてきた。国内男子カーリングの実業チームは江原道庁と慶北体育会の2チームだけだ。登録選手も計435人にすぎない。

韓国カーリング代表は2013年から毎年180日間、海外で合宿した。また大韓カーリング連盟は戦力分析官、世界最高レベルのアイスメーカー(氷質専門家)も招聘し、支援した。スキップ(主将)のキム・スヒョクとナム・ユンホ、パク・ジョンドク、キム・テファン、ユ・ミンヒョンの5人で構成された韓国男子代表は、今大会24チームのうちアジアの国では唯一招待された。韓国は準決勝では、ソチ五輪の銅メダルチームで2015年世界選手権の優勝チームであるスウェーデンを相手に6-1で完勝した。

2018年平昌(ピョンチャン)五輪には男・女、混成種目まで計3つの金メダルがかかっている。男子代表チームのヤン・セヨン監督は「国内で開催される五輪で世界を驚かせたい」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP