주요 기사 바로가기

千正培・朴柱宣・鄭東泳が3者連帯へ、湖南統合目指す=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.01.24 12:26
0
新党結成を推進中の千正培(チョン・ジョンベ)議員(無所属、光州西区乙)と朴柱宣(パク・ジュソン)議員(無所属、光州東区)は23日に光州で会い鄭東泳(チョン・ドンヨン)元議員を含めた「3者連帯」を推進することで合意した。

千議員側関係者は「千正培、朴柱宣、鄭東泳の3人が湖南政治改革と復元を目標に連帯していくことで事実上合意した」と明らかにした。朴柱宣議員は一時新党の国民の党への入党を考慮していたが3者連帯に旋回した。

彼らは3者連帯を成功させた後、パク・ジュンヨン元全羅南道知事とキム・ミンソク元議員ら他の野党圏勢力まで合わせた「統合」を推進することで合意した。また、「共に民主党」から最近離党した朴智元(パク・チウォン)元院内代表に合流を要請する予定だ。

鄭東泳元議員は昨年4月にソウル・冠岳乙選挙区の補欠選挙で落選してから郷里の淳昌にとどまっている。鄭元議員は25日に開かれる講演で政治復帰を宣言する可能性が大きいとみられる。

3人の連帯を契機に、共に民主党と国民の党の2党構造から外れていた湖南政治勢力の統合が実際に達成されるかに関心が集中している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP