주요 기사 바로가기

<五輪サッカー>ヨルダンと8強対決…自信のぞかせる韓国監督

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.01.22 10:23
0
オリンピック(五輪)サッカー韓国代表チーム(23歳以下)のアジア最終予選8強の対戦相手が決まった。 中東の伏兵ヨルダンだ。

ヨルダンは21日、カタール・ドーハのスハイム・ビン・ハマド・スタジアムで開かれたオーストラリアとの2016年アジアサッカー連盟(AFC)U-23(23歳以下)チャンピオンシップD組第3戦で0-0で引き分けた。組別リーグを1勝2引分(勝点5)で終えたヨルダンは、オーストラリア(1勝1敗1引分・勝点4)を抜いてD組2位でベスト8入りした。

勝点7点(2勝1引分)を確保したアラブ首長国連邦(UAE)がD組1位を占めた。これでC組1位(2勝1引分)の韓国はD組2位のヨルダンと23日午後10時30分、準々決勝で対戦することになった。

ことし8月に開かれるリオデジャネイロ・オリンピック(五輪)アジア最終予選を兼ねて行われる今回の大会では、上位3チームが五輪本戦に進出する。

申台龍(シン・テヨン)韓国五輪代表チーム監督(46)は「オーストラリアよりもヨルダンのほうが気が楽」と自信をのぞかせた。韓国は五輪チームのヨルダンとは歴代戦績で2勝3引分で無敗を記録中だ。

ヨルダンは今回の大会でも格下のベトナムに3-1で勝利したことを除き、他の2試合では1ゴールも入れることができない弱い攻撃力を見せた。

しかし油断は禁物だ。韓国は2014年1月、AFC22歳以下(U-22)チャンピオンシップ3位決定戦でヨルダンと対戦し、0-0で引き分けた後、PK戦で2-3で敗れたことがある。当時PK戦で猛活躍したGKのヌールッディーン・アテヤ(アル・ファイサリー)が今回もヨルダンのゴールを守る。

韓国が準々決勝で勝てば北朝鮮-カタールの勝者と27日午前1時30分、準決勝で対戦することになる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP