주요 기사 바로가기

韓経:中国とのチキンゲームで押された韓国LCD産業(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.01.21 16:18
0
韓国LCD(液晶表示装置)産業が中国とのチキンゲームで押されて岐路に立った。中国企業の“何が何でも”という増産によってLCDパネル価格が原材料費水準まで暴落したが、中国は世界最大の10.5世代生産ラインを着工するなど増産と投資を持続しているからだ。これによって原価が90ドル水準の40インチパネル価格が1-3月期には70ドル以下に墜落するだろうという予想まで出てくる。LG・サムスンディスプレイはすでに増産競争から手を引いた。2018年にはディスプレイ産業の主導権が中国に移るだろうという観測が優勢だ。

◆LCDパネル価格、半年で「半値」

20日の市場調査機関IHSによれば40インチFull HDパネル(オープンセール基準)は95ドルで取り引きされている。昨年7月は135ドルで売れた製品だ。その上「テレビメーカーは1-3月期中に価格を70ドル以下に下げてほしいとパネル企業に要求している」とIHSは伝えた。こうなれば半年後には価格が半分になる。IHSは40インチパネルを生産するのにかかる原価を90ドル水準と推算した。したがってパネル企業は作れば作るほど損害を受けると予想した。32インチのパネル価格も現在55ドルに過ぎない。昨年7月、81ドルに31%下落した。

業界関係者は「現在LCD価格は原材料費水準」としながら「さらに下がる場合、パネルを作って売る理由がない」と話した。パネル価格の墜落は昨年7-9月期に本格化した。7-9月期に9%下がったパネル価格は10-12月期に約20%下落して厳しかったが今年に入ってからはブレーキがはずれてしまった。これはテレビの需要が減っている中で中国の無節操な増産が続き需給バランスが崩れたためだ。

韓相範(ハン・サンボム)LGディスプレイ副会長は6日、懇談会で「需要量対比の生産量が10%以上超過すれば本格的な供給過剰状態だとみるのに今年はその差が12~13%に達すると憂慮されている」として「市場は限られているが中国企業が攻撃的投資に出ることが原因」と説明した。彼は「供給の危機が反映されながら今年の実績悪化は避けられない」とつけ加えた。証券業界はLG・サムスンディスプレイの昨年10-12月期の営業利益が7-9月期の半分水準に落ちたと推算している。

ハイ投資証券アナリストのチョン・ウォンソク氏は「LCDパネルの価格下落傾向が改善されるにはパネル企業の稼動率調整が必要だが、中国企業が損害を甘受しながらも生産を継続しており価格の底はまだまだだ」と話した。


韓経:中国とのチキンゲームで押された韓国LCD産業(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP