주요 기사 바로가기

<五輪サッカー>日本? 豪州? 韓国の「最高の敵」はカタール

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2016.01.19 15:25
0
サッカー韓国オリンピック(五輪)代表の申台龍(シン・テヨン)監督が考える「最高の敵」はどこか。

2016アジアサッカー連盟(AFC)U-23(23歳以下)チャンピオンシップには16カ国が参加している。このうち優勝候補に挙がっているチームは韓国と日本、そして豪州だ。中東の強豪、イランとイラクも優勝候補に含まれている。

申監督は16チーム全体の戦力を細かく分析していた。そして最大の難敵に意外なチームを選んだ。日本でも豪州でもなかった。カタールだった。

18日に代表チームの宿舎ラディソンブルーホテルで会った申監督は「豪州代表の競技力が上がっていない。予想より動きがよくない。日本も同じ」とし、優勝候補の豪州と日本に対して自信を表した。

しかしカタールは警戒した。申監督は「今大会で私が見たチームのうちカタールが最も良い姿を見せている。カタールの選手一人一人の技術が最も高い。競技力も最も安定している。そこにホームアドバンテージまで加えればシナジー効果は高まる」とし「我々が組1位で8強入りすれば、準決勝でカタールと対戦することになる」と説明した。

カタールのホーム競技は今大会で唯一、観客が1万人を超えるなど、ホームファンの圧倒的な支持と応援を受けている。トーナメントを上がるほどその熱気はさらに熱くなる見込みだ。ホームアドバンテージも警戒するしかない状況だ。

そして歴代の韓国五輪代表もカタールに弱かった。今大会に参加したチームのうち韓国が一度も勝っていないチームはカタールが唯一だ。韓国五輪代表はカタールと計6試合し、1敗5分けと劣勢だ。

とはいえカタールを避ける考えはない。莫大な投資をしているカタールサッカーだが、結果を出すのはまだ早いという分析が多い。カタールが韓国を越えるには時間がさらに必要だ。韓国サッカーはカタールサッカーを恐れたことがない。韓国がカタールに勝てなかったのも過去の話だ。

申監督は「組1位で8強入りして4強でカタールとぶつかるとしても全く関係ない。カタールに勝って決勝に行けばよいことだ」と自信を表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <五輪サッカー>日本? 豪州? 韓国の「最高の敵」はカタール

    2016.01.19 15:25
    뉴스 메뉴 보기
    申台龍(シン・テヨン)監督
    TOP