주요 기사 바로가기

「TWICEツウィの映像」がK-POPに飛び火、台湾選挙も動いた(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.01.18 10:17
0
K-POPガールズグループのインターネット放送が外交問題に飛び火し、両岸(中国・台湾)関係を象徴する事件となった。その真ん中にはJYPエンターテインメント所属の「TWICE」の台湾出身のメンバー、ツウィ(周子瑜、16)がいる。

16日の台湾総統選で当選した最大野党・民進党の蔡英文主席の記者会見は、いわゆる「ツウィ事件」関連内容で満たされた。蔡氏は「誰も台湾のアイデンティティーで謝罪する必要はない。抑圧は両岸関係の安定を破壊するだろう」と述べた。

事件は昨年11月のTWICEのMBC(文化放送)芸能番組「マイ・リトル・テレビジョン」出演にさかのぼる。韓国人5人、日本人3人、台湾人1人で構成された「TWICE」は放送で出身国の国旗を振った。ツウィも台湾旗を持った。この場面はインターネットだけで放送され、テレビ放送では編集された。

当時は誰も問題にしなかった内容が8日に浮上した。台湾の歌手・黄安がウェイボに「ツウィが台湾独立勢力をあおる」として放送内容を公開したからだ。台湾出身の黄安は「一つの中国」に背く中華圏の芸能人の行動を見つけて困惑させる親中国家主義者として悪名高い。これを受け、中国では「ツウィとJYPが台湾独立を支持する」という非難が起きた。ウェイボには「JYPボイコット」がキーワードとして登場した。JYPは13日、14日に謝罪声明を出したが、非難は続いた。14日には親中路線で票を失った国民党がフェイスブックに「ツウィを支持する」と明らかにし、中国官営環球時報は「台湾独立勢力に対する大陸ネットユーザーの完勝」として歓呼した。

こうした状況になると市場は反応した。15日、ツウィがモデルとして活動するLGユープラスはモデル交代を発表した。TWICEが写真に登場する化粧品ブランド「イニスフリー」も「ツウィは公式モデルでない」と一線を画した。JYPエンターテインメントの株価は5.37%下落した。

この日午後遅くJYPはツウィを前に出して3回目の謝罪をした。JYPのウェイボ・ユーチューブ公式アカウントに公開された映像で、やつれた姿のツウィは「中国は一つの国」という謝罪文を朗読した。500万人以上が視聴し、13万件以上のコメントが書き込まれた動画は、台湾総統選挙の終盤の最大イシューに浮上した。香港明報は17日、「幼い少女ツウィの受難が有権者の敵がい心を呼び起こした」と報じた。台湾連合報も「ツウィ事件が蔡英文候補の得票率を1ー2%上昇させた」と分析した。波紋が広がると、ウェイボでは一時、「蔡英文」と「ツウィ」の名前の検索が遮断されたりもした。
「TWICEツウィの映像」がK-POPに飛び火、台湾選挙も動いた(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP