주요 기사 바로가기

安倍首相「少女像、移転されるものと考えている」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.01.13 08:36
0
日本の安倍晋三首相がソウルの在韓日本大使館前の少女像が移転されるものと考えるという立場を明らかにした。

安倍首相は12日、衆議院予算委員会で少女像の問題についての野党議員の質問に「今回の合意(昨年末の韓日外相合意)で慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることとなっており、韓国政府において適切に対処されるものと認識している」と話した。さらに「適切に対処するということは移転されるということだと考えている」と説明した。

それと共に「せっかく合意したことなので互いに感情を逆なですることのないように(合意履行の)結果が出るよう私たちも言葉に注意している」と説明した。

安倍首相は、軍の隊慰安婦被害者へのおわびについて自ら語るべきとの野党議員の要求に対しては「外相会談もあり、私と朴大統領の間でも私の考え方(おわび言及)を伝えた」として拒否した。

これに関してセヌリ党の徐清源(ソ・チョンウォン)最高委員ら韓日議員連盟所属の与野党議員が13日、日本を訪問して安倍首相と面談する。連盟関係者は「徐最高委員らがこの日午前に東京で開かれる在日本大韓民国民団(民団)の新年会に参加した後、午後に安倍首相に会ってから帰国する」として「朴槿恵(パク・クネ)大統領の口頭メッセージを安倍首相に伝える予定」とつけ加えた。

メッセージの内容は知らされなかったが、日本軍の慰安婦交渉の妥結または北朝鮮の4次核実験に関するものである可能性が高い。徐最高委員は昨年1月にも日本で安倍首相に会って慰安婦問題を議論した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP