주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】「慰安婦」問題、若者たちと政府=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.01.12 08:01
0
「旧日本軍慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決された」という韓国政府の発表後、米国で会った韓国の若者たちをよく思い出す。

大学生ミュージカル監督のキム・ヒョンジュンさん(25)もその一人だ。キムさんは昨年夏、マンハッタンのオフブロードウエーでミュージカル『コンフォート・ウーマン(COMFORT WOMEN』の公演をした。米国人が慰安婦問題をあまりにも知らないという事実に衝撃を受け、慰安婦問題を効果的に知らせるための方便として考え出したのがミュージカルだった。

彼は企画から制作と演出まで引き受けた。英語の台本も自分で書いた。大学生の向こう見ずな挑戦だった。最も難しいのは制作費の確保だった。国内大企業の後援を期待してメールを送ったが、受けることができなかった。支援は別のところからきた。現地の韓国系の店は4分の1の価格で服地を提供し、俳優とスタッフは報酬を一切受けないといって後押しした。ミュージカルは辛うじて幕を上げることができた。

キム監督は最近、新しい挑戦を進行中だ。「コンフォート・ウーマン」をブロードウェーで公演することと韓国と中国での公演だ。

キム・ジャヘ・ハドソン文化財団代表(37)もいる。キム・ジャヘ代表は2014年にニュージャージー州ユニオンシティの旧日本軍慰安婦像設置の主役だ。ユニオンシティ交響楽団芸術監督でもあるキム代表は「慰安婦問題は過ぎ去った過去ではなく、世界の女性の普遍的な人権問題」と市の関係者を説得した。慰安婦碑は市によってマンハッタンをひと目で見渡せるところに設置された。キム代表は慰安婦被害者の惨状を扱った演劇『コンフォート(COMFORT)』を制作してブロードウェー公演をしたりもした。「演技だが非常に恐ろしい」と話していた米国俳優の表情と客席で体を震わせた観客の姿が、今でも記憶の中にはっきりと残っている。キム代表は昨年、慰安婦被害者のための絵画大会を韓国と米国で開き、展示会を開催した。キム代表はこの行事を毎年開く計画だ。

キム監督とキム代表をはじめとする多くの韓国の若者の努力と奮闘は自発的だ。誰かがさせたものではない。政府は遠くに離れていた。外交部と現地の領事館はむしろ手を後ろに組む場合が多かった。この若者たちを思い出すのは、慰安婦問題の真の解決のために必要なものを提示しているからだ。それは慰安婦問題の真実を全世界に引き続き知らせることだ。キム監督は「多くの人たちが知ることになれば、日本が歴史を消そうとしても消すことができず、消えないだろう」と述べた。

私も同じ考えだ。慰安婦問題の蛮行を知らせた世界各国の人々は誰もが大きな衝撃を受ける。そしてなぜもっと積極的に知らせないのかと話す。

慰安婦問題の真実を世界の人々に知らせて育つ世代に教育することは、韓国政府が以前から注力していなければならなかったことだ。今からでも政府はこれにまい進するべきだ。そうしてこそ現政権が、我々の世代が、子孫に対して恥ずかしくない。

イ・サンリョル ニューヨーク特派員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP