주요 기사 바로가기

【時視各角】習近平も触れられない金正恩(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.01.11 15:09
0
昨年12月12日、北朝鮮版ガールズグループ「牡丹峰(モランボン)楽団」の撤収の時のことだ。韓米情報当局がテレビ映像で最も注目したのは、北京ホテルの宿舎まで行って現場で帰国を引き止めた人物だった。中国共産党の前対外連絡部長の王家瑞と現対外連絡部長の宋濤だ。

中国は習近平主席(以下、敬称省略)と李克強が外交を分けて担当する。国家の運命に関係する対米・対露・対北朝鮮外交は習近平が管理する。共産党対外連絡部長は内閣(首相-外相)を通さず習近平共産党総書記に報告する。したがって牡丹峰楽団の帰国の引き止めは習近平の肉声に値する。それでも金正恩(キム・ジョンウン)は「現地の判断を信じる」として撤収させた。そして3日後(12月15日)に核実験を指示し、3日に最終裁可した。習近平も止められない金正恩だ。

北朝鮮の4回目の核実験以降、関心は丹東-新義州(シンウィジュ)地下の「朝中友好送油管」に集まっている。北朝鮮の石油の需要の90%が通る命綱だ。この送油管は不思議なことに北朝鮮の核実験があるたびに「技術的問題」が発生してきた。中国は「内部修理中」の札をかけ、2、3カ月間ほど原油のカスが固まらないほどにパイプを閉めた。北朝鮮はそのたびに無駄口をたたかず6カ国協議に引き出された。今回も同じく送油管に技術的な問題が発生するだろう。しかしより確実なのは習近平がこっそりとパイプを再び開くという事実だ。なぜか。

中国の最高の目標は共産党の一党独裁の維持だ。中国は14カ国と国境を挟むが、すべて経済力や軍事力が大きく落ちる国々だ。唯一神経を尖らせているのが韓半島(朝鮮半島)だ。中国は「北朝鮮が崩壊すれば大量の難民が流入する」というのが公式的な立場だ。しかし胸中は違う。まず北朝鮮の崩壊で米軍の存在が鴨緑江(アムノッカン)にまでちらつくこと自体が中国には悪夢だ。また統一韓国は1人あたり所得3万ドルの資本主義国家だ。民主主義もよく作動するほうだ。中国はこのような新しい隣国の伝染力を恐れるしかない。東北3省には200万人の朝鮮族も暮らしている。
【時視各角】習近平も触れられない金正恩(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP