주요 기사 바로가기

朴大統領「10年後に韓国は何で生計を立てるか心配だ」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.01.05 11:30
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領は4日、「10年後に韓国が何で生計を立てるのか、韓国の青年たちがどんな仕事で生きていくべきか考えるたびに心配になったりする」と話した。その上で「そのたびに経済革新3カ年計画を成功裏に終え、(金融・労働・公共・教育部門の)4大構造改革を必ず完遂しなければならないという切迫感が生じる」とした。この日午後3時に青瓦台(チョンワデ、大統領府)迎賓館で開かれた賀詞交歓会でのことだ。

朴大統領は「政治は国民のためのことでリードしなくてはならず、民生にすべてを賭けなければならない。いま政界は自らの改革に率先し変化しなければならない」と強調した。朴大統領は「切迫感」を強調する時に鄭義和(チョン・ウイファ)国会議長を見つめたという。ある参謀は「職権上程に言及してはいないが遠回しに必要性に言及したもの」と話した。

この席には鄭議長、梁承泰(ヤン・スンテ)大法院長、朴漢徹(パク・ハンチョル)憲法裁判所長、黄教安(ファン・ギョアン)首相、李仁馥(イ・インボク)中央選挙管理委員長ら5部要人とセヌリ党金武星(キム・ムソン)代表ら200人余りが参加した。「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)代表と李鍾杰(イ・ジョンゴル)院内代表は慰安婦交渉妥結に対する反対を理由に参加しなかった。文代表はこの日午前の最高委員会で「今回の合意は国民の主権と権利を制約するもので憲法上無効」と主張した。

この日メインテーブルに並んで座った朴大統領と鄭議長は互いに対話をしなかったという。青瓦台から労働改革法案などに対する職権上程の要求を受けてきた鄭議長は乾杯の提議をする番になると「和合」を強調した。

鄭議長はこの日「経済が政治の頭にあるが経済を発展させるためにはやはり和が政治の根本にならなければならない。そこで『和為政首』(和合が優先)を今年(の新年辞に)考えた」と話した。彼は「社会の対立と分裂を解決できる方法は和合と統合の精神を持って国をひとつの心で固めて行くこと。朴大統領が追求する4大改革はもちろん今後やってくるかもしれない危機状況をしっかりと乗り越えるためにもわれわれができるのは和合だ」と述べた。その上で「新年には良い調子で走ろう」と乾杯のあいさつを叫んだ。
朴大統領「10年後に韓国は何で生計を立てるか心配だ」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP