주요 기사 바로가기

【時視各角】危機でないようで危機の韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.21 10:46
0
「韓国、果敢なインフレ政策を進める時だ」。昨年11月19日付の中央日報の1面トップ記事だ。日本が「失われた20年」を経験したデフレの沼に韓国も落ちるという警告だった。当時、消費者物価は24カ月連続で1%台だった。筆者は2月1日、「サイレンの甘い誘惑、デフレーション」というコラムを書いた。1990年代初期に日本の物価が1%台に沈むと「よいデフレ」として喜んだ愚を犯すのはやめようということだった。しかし韓国銀行(韓銀)は「デフレを心配する段階ではない」と一蹴した。しかし消費者物価は昨年12月から11カ月連続で0%台に落ちた。今年1月1日のたばこの値上げがなかったとすれば、史上初のマイナス物価上昇率を見るところだった。

ようやく政府と韓銀は16日、来年の経済政策方向を発表し、「デフレとの戦争」を公式化した。韓銀が上昇する物価を引き下げるのではなく、下落する物価を支えると宣言したのは、50年の設立後初めてだ。しかし宣戦布告の翌日、米連邦準備制度理事会(FRB)が7年間続いた「ゼロ金利時代」に終止符を打った。デフレと戦う準備をする前に武装解除にやられることになった。国際金融市場の風向計が変わるたびに「現金自動預け払い機(ATM)」の役割をした韓国は進退両難となっている。米国を追って利上げしようとすればデフレの悪夢が浮上し、維持すればATMが動く音にうなされる。

それでも97年のような通貨危機に直面する可能性は低いとみられる。先月、韓国は貿易で104億ドルの黒字を出した。過去最大規模だ。今年10月まで経常収支も879億ドルの黒字だ。外貨準備高は3685億ドルにのぼる。東西古今、年間1000億ドルの黒字を出した国が不渡りを出したという話は聞いたことがない。国際格付け機関ムーディーズも韓国国債を過去最高のAa2に格上げした。日本より2つも高い。しかし過去最大の貿易黒字に喜んでばかりはいられない。輸出が増えたのではなく輸入が大きく減って生じた「不況型」黒字であるからだ。韓国は原材料を購入し、中間財に加工して輸出する国だ。輸入減少は今後の輸出に影響する。「貿易黒字の逆説」だ。
【時視各角】危機でないようで危機の韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP