주요 기사 바로가기

韓国の格付け、過去最高のAa2…「現実に安住して改革できなければ危機」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.21 08:26
0
18日(現地時間)、国際格付機関ムーディーズが韓国の国債を過去最高のAa2に格上げしたが、専門家の反応は冷静だ。米国の利上げにより国際金融市場が揺れる可能性が高い状況で格上げは歓迎すべきことだが、格付けが韓国の未来を保障するわけではないという理由からだ。しかも格下げが当面の危機を隠す恐れがあるという指摘もある。

まず格上げされれば海外投資家に韓国は安全だという印象を与えることができる。低金利で外資を調達することもできる。Aa2(AA)は韓国がこれまで一度も受けたことがない格付けだ。21段階の格付けのうち3番目に高い。隣国の中国と日本よりそれぞれ1、2段階高い。現在、ムーディーズ、S&P、フィッチの3大格付け機関すべてで韓国より格付けが高い国はドイツ・カナダ・豪州・シンガポール・米国・英国・香港の7カ国だけだ。

格付けは基本的に負債を適時に返済できるかどうかを示す指標だ。韓国の外貨準備高は先月末基準で3684億ドルで、今年10月まで44カカ月連続で経常黒字を継続している。政府は今年の経常黒字が1120億ドルに達するとみている。

崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)副首相兼企画財政部長官は20日、政府ソウル庁舎で予定になかった記者ブリーフィングを行い、「今回の格上げは、韓国は新興国とは違うという評価を受けたものだ」とし「外国資本が抜ける可能性があるという流出懸念に対する安全弁のような役割をする」と説明した。

しかし格上げに安住すべきでないという指摘も多い。ムーディーズも▼現在推進中の構造改革が後退したり▼長期成長見通しが暗くなり▼公企業を含む国家財政が悪化すれば、格付けがマイナスの影響を及ぼすと指摘した。

今年は苦労して政・労・使の大妥協を成し遂げたが、労働関連法は国会を通過していない。政府は来年、内需を中心に3.1%成長するという目標を設定したが、主要研究機関は2%台半ばの成長率を予想している。こうした状況で家計の負債は増加し、企業の実績も悪化している。

オ・ジョングン建国大特任教授は「韓国の格付けが中国や日本より高いからといって、今後危機が迫る時に韓国より中国と日本が危険だと考える専門家はいないだろう」とし「高まった格付けと低成長に陥った韓国の経済状況には明らかに乖離がある」と指摘した。キム・ハッキュンKDB大宇証券投資戦略チーム長は「格付け機関は過去を評価し、株式投資家は未来を評価する」とし「過去に対する評価が良くなったからといって、未来に対する見通しまで良くなるわけではない」と強調した。

キム・ジョンシク延世大経済学部教授は「格上げは短期的には確かにプラスだが、このために必要な改革ができなければより大きな危機を迎えることもある」とし「粘り強い構造改革で成長潜在力を拡充し、企業構造改革を通じて潜在的な問題を整理しなければいけない」と助言した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP