주요 기사 바로가기

ニューヨーク10大飲食店メニューに韓国料理「焼きサバ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.18 17:14
0
「韓国人には馴染み深い牛肉醤油煮ご飯、焼きサバをもう少し高級にして米国人に見せたかった」。

ニューヨーク・マンハッタンのイーストビレッジにあるモダン韓国料理店「Oiji」を運営するシェフのク・テギョンさんとキム・セホンさん。この店の代表的なメニュー「松の葉サバ」は、ニューヨークタイムズ(NYT)電子版が16日(現地時間)に選定した「2015年ニューヨークの10大飲食店メニュー」に入った。NYTは「クリスマスツリーの香りがするこの柔らかい料理を味わえば、山の中で泳ぐような気分になる」と説明した。「Oiji」は8月にニューヨークの飲食店専門オンラインメディア「イーターNY」が選定した最高の現代韓国料理店にも選ばれた。

韓国で生まれ、ニューヨーク名門料理学校CIAに留学した2人はルームメートとして出会った。2人は卒業後の今年3月、「安い料金で韓国料理をアレンジした料理をつくろう」とし、共同で「Oiji」を開業した。海鮮ヌルンジタン(おこげスープ)、サムギョプサルキムチチム(キムチと豚の蒸し煮)、コリチム(尾肉蒸し)、ユッケなどのメニューがある。

--韓国料理店なので韓国人の客が多いと思うが。

「そうではない。米国人の客が60%を超える。外国人に近づくために韓国料理の材料を使っても食感や料理法は現地化した」

--ニューヨーカーは焼きサバに慣れていない。

「魚のにおいをなくし、さわやかで甘い香りにするためにリンゴの木を使った。韓国的に松の葉を燃やした煙でサバの薫製料理を作った」

--ニューヨークで韓国料理に対する関心は高いのか。

「歌手PSYなど韓国文化に対する関心が韓国料理への関心につながった。韓国的なものを大事にしながらも現地の人に近づく方法をいつも悩んでいる」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ニューヨーク10大飲食店メニューに韓国料理「焼きサバ」

    2015.12.18 17:14
    뉴스 메뉴 보기
    ニューヨークのモダン韓国料理店「Oiji」を共同で運営するキム・セホンさん(左)とク・テギョンさん。(写真=「Oiji」フェイスブック)
    TOP