주요 기사 바로가기

【コラム】牡丹峰はない(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.18 14:37
0
牡丹峰(モランボン)は平壌(ピョンヤン)大同江沿いの低い峰だ。最も高い最勝台から錦繍山まで続く山勢があたかも咲いたばかりの牡丹を連想させるとして名前が付けられた。海抜95メートルのここを北朝鮮の最高指導者である金正恩(キム・ジョンウン)は自分の時代の統治アイコンに選んだ。高さ2744メートルの韓半島最高峰を引き込んで「白頭(ペクトゥ)血統」神話を操作した父の金正日(キム・ジョンイル)とは大きな差がある。牡丹峰乙密台は夕食を終えた住民が散歩に出かける近隣公園のようなところだ。それだけ「人民と一緒にする指導者」という親近感あるイメージが金正恩第1書記としては必要だった。

牡丹峰楽団はそのような金正恩式政治の中心にある。簡単に一緒に歌えるレパートリーに電子楽器のなじみ深いメロディを添えた。舞台から下りた歌手は観客席まで入っていき、ファンミーティングのように抱いたり、花束を受けたり渡したり、携帯電話で写真を一緒に撮る。金正恩第1書記の言葉通り「歌政治」であり「音楽爆弾」だ。労働新聞は「強盛国家の建設を先導する第一喇叭手」と絶賛する。

先週末、金正恩の親率楽団が北京でハプニングにあった。公演3時間を残して突然、平壌(ピョンヤン)に撤収してしまったのだ。訪中公演が不発となった具体的な背景はベールに包まれていた。ただ「工作(事業)側面でお互いの疎通に原因がある」と中国側が非公式的に明らかにしただけだ。口を閉じる平壌と北京の内心を知ろうと周辺国は神経を尖らせた。

手掛かりは北京-平壌間の国際通話でつかめたという。共産党の幹部など約3000人の観客を迎える前の緊迫した状況は平壌にリアルタイムで報告された。米国など西側の情報当局はこれを逃さず傍受した。国家情報院が「金正恩崇拝内容のため」と国会情報委に報告したのもこれに基づくというのが対北朝鮮情報関係者の話だ。

北朝鮮朝鮮中央テレビの牡丹峰公演実況中継をよく見ると分かる。数曲を除いてほとんどが金正恩とその家系の称賛一色だ。「我々はあなたしか知らない」という代表曲は「偉大な金正恩同志、我々はあなたしか知らない」を繰り返す。金正日(キム・ジョンイル)時代は「あなたがいなければ祖国もない」と叫んだが、そのアップグレードバージョンだ。

ところが中国当局に拒否感を与えたのは歌でない。中国語で歌うわけでもないのに数曲の北朝鮮称賛歌謡に怒る北京領導グループではない。リハーサル段階から招請側の気分を損なわせたのは舞台映像だ。

叙情的歌謡で舞台を開く牡丹峰楽団は中・後半部になれば称賛の濃度と曲のスピードをさらに高める。クライマックスの瞬間になれば、舞台背景の画面に金正恩のいわゆる「現地指導」映像がクローズアップされる。長距離ロケット「銀河3号」の試験発射ボタンを押す場面だ。これに合わせて観客全員が起立して絶えず拍手することで公演のフィナーレを飾る。音楽を通じた崇拝と称賛、これを通じて忠誠誘導と体制結束を図ろうとする、まさに「音楽政治」だ。
【コラム】牡丹峰はない(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】牡丹峰はない(1)

    2015.12.18 14:37
    뉴스 메뉴 보기
    イラスト=キム・フェリョン
    TOP