주요 기사 바로가기

【時視各角】恐中症に捕らわれる大韓民国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.17 13:11
0
恐韓症は中国が韓国を恐れる時に使う言葉だ。しっかりとした中国サッカーが韓国と対戦さえすれば腕と脚が別々に動き力なく負ける病気。この病気は1日で生まれたのではない。1978年12月のバンコク・アジア大会での0対1が始まりだった。その後2010年まで国家代表同士が対戦するAマッチで中国は韓国と27回戦って27回すべて負けた。5000万人の韓国にかなわないとは。13億人の中国にはストレスだ。恐韓症という言葉には大韓民国国民なら無性に誇らしくなる満足感がある。

しかし満足感はサッカーだけだ。いまは逆に恐中症を心配するところだ。今月初めにソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を騒がせたシャオミの体重計販売禁止の例がまさにそうだ。シャオミの体重計は安く便利で韓国の消費者の人気を独占した。昨年販売から2時間で8万台が売り切れた。リストバンド、バッテリーとともにシャオミブームを呼んだ三銃士だ。ところが8月に突然産業通商資源部傘下の国家技術標準院が販売禁止処分を下した。3カ月間の猶予を経て先月からはどこにも売っていない。技術標準院側は「要望が多かった。法に基づいてしただけ」と話した。法定度量衡であるキログラムの他に斤やポンドでの表示が可能という理由だった。計量に関する法律第6条は「非法定単位で表示された計器や商品は製造・輸入できない」とされている。

消費者の考えは違った。「シャオミをどれだけ恐れて…。米国ではキロメートルとマイルを一緒に表示した車も何の問題もなく売れるのだが。こうしたことが非関税障壁ではないのか。韓国が日本や欧州をののしってきたまさにその非関税障壁。恥ずかしい。シャオミがそんなに恐ろしいのか」。SNS上の世論は概ねこうだった。「かえってシャオミの知名度だけ引き上げた格好」という指摘は特に痛かった。法規ばかり問いただして本音を表わした政府より韓国の消費者が何枚も上手だった。

恐韓症がそうだったように恐中症もやはり1日では生まれなかった。初めは農水産食品、次はゲーム業種、昨年からは金融・ヘルスケア・ITに広がった。中国安邦保険が東洋生命を買収に乗り出した時もそうだった。韓国より何枚も下だと言いながらも金融当局は中国資本に恐れをなした。監督当局関係者は「中国資本は荒々しい。大陸崛起が恐ろしい。いまは始まりだが、いつ韓国金融市場をすべて飲み込もうとするかもしれない」と懸念する。米国・欧州・日本にすでに開いた市場だが中国資本だけは防ぎたがった。1年余り引っ張った当局は結局東洋生命買収認可を今年6月に出した。


【時視各角】恐中症に捕らわれる大韓民国(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP