주요 기사 바로가기

<メイド・イン・チャイナの逆襲>ソウル繁華街に中国産トラック(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.16 10:24
0
週末ごとにキャンプを楽しむチョン・チャンムクさん(40)は最近中国福田汽車の5人乗りピックアップトラック「拓陸者」(TUNLAND)を購入した。同クラスの双竜自動車「コランド・スポーツ」(2106万~2820万ウォン)より高い3300万ウォン(約341万円)だが、積載重量が900キログラムで2倍以上ある点が気に入った。チョンさんは「燃費・性能・デザインなどで満足度が高い」と話した。自動車業界によると、「拓陸者」は10月の発売以降契約件数が200台を超えた。福田汽車の韓国での販売を担当するテウン自動車は「来年は3000台の販売を目標にしている」と明らかにした。

韓国の主要オンライン・オフライン流通業者は“暴風前夜”だ。「品質が低い中国製らしくない」という意味で「大陸のミス」というニックネームがついたシャオミの核心関係者らが今月極秘裏に訪韓するためだ。韓国内独占輸入権者選定のためのものといううわさが立っている。韓国国内では商品がなくて売れないほど人気を呼んでいるスマートフォン、補助バッテリーなどシャオミの製品は中小輸入業者が本社以外のルートを通じて持ってきたものだ。ある流通業者関係者は「シャオミと公式契約を結べば一気に売り上げを増やせる。面談日はシャオミの通知を待つだけの立場」と伝えた。

「メイド・イン・チャイナ」の韓国空襲が強まっている。過去に低価格の生活用品中心だった中国製品はいつのまにか自動車や家電まで領域を拡大し韓国市場に食い込んでいる。「チャイナ空襲シーズン2」だ。

産業研究院のチョ・チョル自動車部品産業政策室長は「中国企業が研究開発を増やして品質を改善し、『中国製=安物』のイメージを脱いでいる。いまは韓国の消費者の間でも価格は安いながら品質はそこそこに良い、コストパフォーマンスが高いという認識が拡散している」と診断した。

シャオミが代表的だ。最近ある輸入業者はシャオミの40インチテレビに対し国立電波研究院から適合性評価認証を受けた。画面の大きさだけ見ればサムスン電子やLG電子の製品と似ているが、価格は半分にもならない。あるテレビメーカー関係者は「これまでシャオミが販売したIT周辺機器ではなく家電という点で注意深く見守っている。中低価格市場では波及力があるとみて対策を準備している」と話す。


<メイド・イン・チャイナの逆襲>ソウル繁華街に中国産トラック(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP